遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

| おしごと - きょういく - がくせい - ゼミ - イベント | すうがく - おんがく - 数理音楽 - DTM - かがく - scratch
| Art - photo - おきにー - Tips - ものもう - あれこれ | About - Top

瀬戸現代美術展2019

トリエンナーレがあると,関連していくつかの美術展も開かれる. 今回は「旧産業技術総合研究所中部センター瀬戸サイト」に愛知で活躍する作家たちの作品が集結. 4階建ての建物のうち3階までが作品で埋め尽くされる. 入ってすぐの庭にある作品から. 鷹野…

あいちトリエンナーレ2019―第1次調査 豊田駅編

aichitriennale.jpさて,豊田散策の続き.今度は豊美を出て街中アートへ. 豊美に隣接して旧豊田東高校跡地があるのを知らなかったのだが,そこに巨大な作品がある. (豊美T-09b)高嶺格/反歌:見上げたる 空を悲しも その色に 染まり果てにき 我ならぬまで…

あいちトリエンナーレ2019―第1次調査 豊美編

aichitriennale.jp 涼しくならないかなぁ,と思いつつまだまだ夏真っ盛りな感のあるこの日に豊田周辺へ. これで全箇所を一巡りしたことになる. tokidoki.hatenablog.jp tokidoki.hatenablog.jp tokidoki.hatenablog.jpもともと豊田市美術館は雰囲気が好き…

あいちトリエンナーレ2019―第2次調査 県美+四間道編

何かと物議を醸している今回のトリエンナーレ. tokidoki.hatenablog.jp tokidoki.hatenablog.jpお盆の終わりに,見落としていたものを探しに名古屋まわりの再調査. 今回はいずれもSONY α6000(ILCE-6000)+SEL35F1.8OSS.(県美A-19)今村洋平/「tsurugi」「…

あいちトリエンナーレ2019―第1次調査 名美+四間道・円頓寺編

先週の県美一次調査に続き,今回は名古屋市美術館と四間道界隈. tokidoki.hatenablog.jpまずは名古屋市美術館から. 今回はSONY α6000(ILCE-6000)+SEL1670ZF4.0やSEL35F1.8OSSにて.(名美N-01)碓井ゆい/ガラスの中で 入り口を入ると涼しげな作品. 金魚鉢…

あいちトリエンナーレ2019―第1次調査 県美編

さてさてあれから3年,ようやくまた現代アートに触れる祭典がやってきた,あいちトリエンナーレ2019. aichitriennale.jp今回は残念なことに開催とほぼ同時に,ネトウヨを始めとする日本会議系の方々の妨害によって一部の展示が中止と相成った. まぁ,なん…

四度堆積からの誘い(3)

本タイトルエントリーもこれで3つ目となる. 前回は確か Tristan chord が四度堆積和音の半音変形なんだってことを見つけた話だった. tokidoki.hatenablog.jp 最近 Blackadder chord*1 なるものを某学生が教えてくれた. これは音楽研究家Joshua Taipale氏…

連分数likeなエジプト分数分解

大学院向け某夜間授業で出された話題で,をエジプト分数に分解するアルゴリズムの紹介がされた. すぐに互いに素なに対するでは如何?となるわけだが,連分数likeな展開方法を幾何学的意味と共に考えたので備忘録. そういえば,連分数展開の力学系的意味を2…

残念な国(11)―「私たちは,複雑さに耐えて生きていかなければならない」

なんだかこの年末年始のような雰囲気は,改元に伴うものであるのだけど, こうして雨模様が続くのは,陛下が水の専門家だからなのでしょうか.多くの日本人が「新しい時代」を期待し,気持ちを新たにしている. どこか昭和の後始末に終始した感のある時代に…

数理音楽の風景(2)-12ヶ月はLydianを奏でる

「数理音楽の風景」と題したエントリーを書いたのが,もう2年前のことだ. tokidoki.hatenablog.jp ちょうどその頃,極大均等性のコンセプト下での調性音楽理解の可能性が見え始めたところで,この点でいくつか書き物をしてきた. Spatio-temporal Symmetry …

AIは電気羊の夢を見るか

今週,ゼミ生6名の卒論の提出がとりあえず完結した(とりあえず). 決まったタイトル一覧. 「ボーッと跳んでんじゃねーよ!ー跳躍軌道と踏切動作の力学モデルー」 「フェロモンは裏切らないー蟻コロニーモデルを用いた巡回セールスマン問題の解法ー」 「オ…

Sigma2018の新年会!

絶滅危惧種として登録されていた数学同人 Sigmaは,ひょんな事で今年度は人数が集まっている. で,新年会が行われた. いや,メンバーホントは15人いるのだけど,バイトやら何やらで参加者こんな感じ. サイドメニューとかもつけたので,結構腹がふくれた.…

算数事始め(2)

シリーズにするつもりはなかったんだけど,また虱潰しに調べてみたので,報告. tokidoki.hatenablog.jp算数科研究ネタ探しを続けているが,調べるとこんな算数活動もあるらしい. □□+□□=□□ 1,2,3,4,5,7全てを□に当てはめて,正しい式にしましょう. (小学…

算数事始め

年末からどうも体の具合がおかしく,卒論の手直しが思うように進まない. 背中がゾクゾクするし風邪かと思うのだが,どうも花粉症的な症状に近い. そういえばこのところ毎年正月前後に体の調子が悪くなる. ようやく一息つけると,気持ちが油断するのかもし…

Factorization!(追伸)

tokidoki.hatenablog.jp ↑でやった素因数分解のビジュアリゼーション,Javascript化したよ.See the Pen Factorization flower by tabris17 (@tabris17) on CodePen.やっぱ,Javascriptのほうがキレイ.

Factorization!

久しぶりにScratch作品紹介. 素因数分解をビジュアルに表現するってのがその筋の人たちのちょっとしたブームになったことがあった. 始まりはここかな↓ mathlesstraveled.com JavaScriptでアニメーションしてるのが例えば↓ Animated Factorization Diagrams…

算数で起こった天下三分の計ーその後

「0は3の倍数か」で天下三分の計が起こったことを前回報告した. tokidoki.hatenablog.jp今回はその後ちょっと調べてみたら,あの結果は妥当なものなんだろうなぁ,という結論に至ったので追記. そもそも算数の教科書ではどう書いてあるのだろうか,とちょ…

算数で起こった天下三分の計

今年度から久しぶり,そう実にこの大学で非常勤をやっていた時代からして15年以上ぶりの「算数科研究」を担当することになった. 何しろ久しぶりであるし,久しぶりの他学科相手であるし,当時に比べて一クラス60名と大人数になって少々ビビりながら始めた講…

活用の幅が広がります

ちょっと前に,Microsoft 心せま~いって叫んだとこだったけど, tokidoki.hatenablog.jp 今度は,心ひろ~いって叫びそうなのがこれ↓ いや,迷惑メールかと思って消そうとふと見たら, 現在の Office Solo サブスクリションでは、1 台の PC または Mac と 1…

Open Campus 2018

Open Campus 2018. 今年は外部の何かイベントと重なったため,例年より1週遅く開かれた. 昨年度まで好評のはずだった「学生による模擬授業」がなぜか閉鎖されたため,今年は講座の説明会で学生らに模擬授業をしてもらった.午前中は例年通りの満席.300人…

追いかけてきたもの

今年の免許更新講習では「小学校にプログラミングが導入されること」に託けて,Scratch プログラミングを行うことにした.プログラミング自体はもう15年以上担当している. 私が学生に求め続けてきた,あるべき学びの姿がこの講義に凝縮できる可能性があるか…

中心にギュッとなる定理

久しぶりのエントリーなんだけど, 「中心にギュッとなる定理」でお茶を噴き出す今日この頃. いや,長年やってきた「統計とコンピュータ」, 何とも歩留まりの悪い授業だったと改めて再確認している最後のチェックテストの解答から.問題は「中心極限定理っ…

memo-ここ暫くの office 2016 関連エラー

何だか5月に入ってwidows更新したら,オブジェクトに日本語入力するとすぐ↓のエラーが起こるようになってしまった. エラーの詳細情報は以下. 問題の署名: 問題イベント名: APPCRASH アプリケーション名: EXCEL.EXE アプリケーションのバージョン: 16.0.922…

Benford則を見てみた

今年も講義「統計とコンピュータ」がはじまった. それが一般の学生なら興味を持つ話題であっても数学の学生はデータを眺めることが嫌いだ,というこの十数年の経験が気持ちを曇らせるのだけど,また新たなネタ作りを試みている. 今年はBenford則をやってみ…

新入生の気持ちをテキストマイニング

初年次演習なる大体全国の大学に導入されるようになってきた講義から.本日第一回を行って,Google Formにてとりあえず気持ちのアンケートを取ってみた. 問1.小学校から高等学校までの教室での授業(校内を含む)の中で最も印象に残っている良かった授業…

美術館はしご―シャガール→ミュシャ→はしもとみお展

Art

先週に引き続き,美術館探訪.まず名古屋市美術館ではシャガール展. ただし,今回面白いのはシャガールの三次元作品たちがテーマだったこと. けれどいわゆる彫刻というよりは絵画の延長のような,レリーフのような作品. シャガールの世界はあくまでも絵画…

織り目の在りか(現代美術 in 一宮)

卒論発表会翌日,漸く会期末の「織り目の在りか-現代美術 in 一宮」へ. これ,次期愛知トリエンナーレに向けてのArt展. そういえば一昨年の愛知トリエンナーレもそれに先駆けてArt展やってたよね. tokidoki.hatenablog.jpこの一週間ばかり微熱が続くなか…

ようやく卒論審査会 in 2018

今年度もようやくここまで来ました. タイトル,一人だけまだ決まってないとき. 緊張の本番開始. 結構うすい環(わ)ぁ,土星の環 ―重力ポテンシャルを利用した惑星環形成のモデル―土星などの惑星環が薄く形成されてしまう理由を簡単な力学だけで説明を試…

九平次とブルックナーと,そして卒論添削

今年の暮れも,例年の如くゼミ生の卒論添削で年を越す. こうして手直しをする中,結構面白い発見をする. 例えばピタゴラス数を生成する行列の話は, ピタゴラス数を2パラメータで表示するとき,そのパラメータが動く空間と 原始ピタゴラス数全体のなす空間…

sin波による疑似フォルマントシミュレーション

今年の4年ゼミ生の一人は音声分析・合成をテーマにしている. EXCEL上でちまちま作業してもらっているが, 線形予測によるフォルマント抽出がうまくいかないのか, なかなか母音「あいうえお」すら 波から合成できないでいる.手軽にBASICで母音の合成ぐらい…