読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

Top | おしごと | ゼミ | がくせい | すうがく | かがく | きょういく | おんがく | おきにー | Tips | Photo | イベント | ものもう | あれこれ | About

また今年も免許更新

毎年テーマは同じ. で,そのままやってもよかったけど,どうせだからとちょっと内容を拡充した. ネイピアの計算盤.これなかなか遊べるよ. 先生方に結構反応してもらえた感触. で,明日は高大連携.同じネタだよ!

今年もオープンキャンパス!

そして今年もこの時期になってきた. 今回から3回説明会を行うことになり,出足がどのようになるか気になるところ. 3回に分かれたので,多少は整然としたかな. さて,手前味噌な演し物をした後,それを受けての学生による数学手品. これはボブ・ハマー…

The genocide of Learning(2)

いまさら感もあるのだが,まず初めにPISA2003のある調査結果を見てもらおう. 出典:学習意欲向上のための総合的戦略に関する研究 −「活用型・探求型の教育」の教材開発を通して− 下田 好行(国立教育政策研究所 総括研究官) p3 の図をEXCELで打ち直した. …

The genocide of Learning(1)

すべて物事を局限するのが幸福になるゆえんである. 「訓話と金言」ショーペンハウアー この言葉は,「けさのことば」として新聞に載っていたものだ. 出会ったのは高校1年の頃だろうか. 未だにこの言葉は人生の真実を言い当てていると折に触れ思う. 人が…

Hominis Dignitati

ラテン語で「人間の尊厳のために」,だそうだ. たまたま前を走っていた学園バスに掲げられていた言葉. 人間一人一人に,何人も決して侵すべからざる尊厳が備わっている という世界観だ. そうならばまた,人間一人が形成されていく過程で, その人の成長に…

人の目は前にしかついていないから

自分が正しいことをしていると確信している人間くらい 騙しやすい相手はいないと牛河はあらためて思った. (1Q84 book 3 p82/村上春樹) とあるFD(大学の先生が教育改善のために行う勉強会のようなもの)でのことだ. 新しい教養科目の講義の方向性に…

アルゴ「リズム」の夕べ

この3連休中にあと2回分の初年次導入ネタを開発したかったのだが, これまでのところ小ネタは集まったが講義として成立し辛い状態のままだ. 当初からのアイディアで,Boomwackerを使った, アルゴリズミックな即興演奏をクラス全体で奏でる何てことも考え…

ネタをもらう

そういえば,初年次導入で逆に学生から一つネタをもらった. やり方は分かるのだが,どうしてそうなるのか分からない,とその学生がいう, 16枚のトランプを使ったある手品だ. ↓↓↓↓ なぜかKingばかりが最後に表になる,という手品. 講義の初めに学生に披露…

引き続き,ネタ作り

例によって初年次導入教育のネタ作り. ベタなネタだけど,今度やってみようかな,ひもをはずさずに,玉を右から左へ↓ この頃は,寝ても覚めてもネタをあれこれ考える日々. 実はこの時が一番楽しかったりする. こういうとき,教育もまたクリエイティブな仕…

初年次着々と準備中(もう始まってるけど)

今年から始まった初年次導入教育. その昔,算数科研究やら一般数理やらで培ったネタを あれこれ援用して,何とか5回を乗り切ろうと画策中. 自分がこの講義で目指す方向は「数学リテラシー」. 早い時期に数学の有用性や楽しみ方,学びの深め方を できるだ…

宣伝?

あれ,こんなもんAmazonで売ってるんだ. 赴任して早々にこのプロジェクトに加わったのだけど,懐かしいな.数学の小箱 (愛知教育大学ブックレット)作者: 鈴木将史ほか出版社/メーカー: 愛知教育大学出版会発売日: 2010/12/01メディア: 単行本 クリック: 19…

名城附属に出張授業

いやぁ,やっぱ,私立お金あるわ. 一旦,学園の中に入ってしまうと,もう別世界ですわ. で,大学の紹介と,いつものネタ,やってきました. 使いまわし過ぎ↓ しかし,あれ,なんかしゃべるの下手になってきた気がする. そろそろ,新しいネタしこもうかな…

そして免許更新講習!

ぜーぜー. 昨日に引き続き,今度は先生相手に講義. やっぱり年上の先生方が多く,教育委員会からもこられて, 緊張この上ない. で,話はっていうと,小2生が書いたある研究ノートから始まって, 様々なかけ算方法,そして基数システムまで. あれ? って…

高大連携!

そういえば,こちらに赴任してから, 1年も休まず担当しているのが,この高大連携. 高校2年生(主に附属)相手に講座紹介も兼ねた講義をする. ここ数年ずっと固定してやっているのが,基数システム(n進数などの話). 久しぶりに高校生相手に話すから…

はい,オープンキャンパス

今年もそういう季節になった. また,た〜くさん集まった. 多分,午前は去年より更に多い. 立ち見多数.クーラー効かず. 例によって模擬授業と称した ちょっとした出し物.4年ぶりくらいのネタ. 学生の時間は,パズル算数の話題と, 黄金比に絡んだ話題…

結局,言えなかったので

原稿まで用意しておきながら,また話したいことが話せなかった. なので,ここに原稿を置いておく. 何の話かって?ゼミ説明会だよ. ■全クラスで講義しているので,どんな雰囲気の人間か,はいくらか分かっているだろうし,卒論の内容はすべて私のページに…

どんよりした学生たちを前に

もう学祭が終わって,何というか学生がドンヨリしてる. あんまりドンヨリしてると, ただでさえ無い自信をますます無くすではないか,諸君! しかし全くもって,学ぶ目的というものが失われてしまっている, そんな目をしているよ. 昨年度末に,共通科目委…

第7番を聴きながら

少しでも時間のあるときに,と「統計とコンピュータ」の資料作り. 前年「残念だった」と感じた部分を見直し,今年の視点で改訂する. どうしたらもっと「意味」をつかんでもらえるか. どう提示したら体感的に具体的にその数学的対象を経験してもらえるか.…

恒例の面接練習会

今年もこの時期恒例の面接練習会に参加した. ただ,学生たちの雰囲気がどうもマズイ方向に流れているようにも感じたので, 私見を述べておこう. いや,もう私の講義の無い4年生は読んでいないだろうな. ならば,来年以降の3年生以下に向けて述べてみよ…

明日から新学期講義

で,講義で使うノートパソコン数ヶ月ぶりに開いたら こんなことになった↓ 更新,大杉.

手がつけられない-その2

サ〜セン, みっともないんで 消しました。

なんか中間報告

卒論(グチ...) ◆半年近くその問題に関わりながら,なかなかスッキリした解決に至らない, が最近になって漸く議論が精密になってきたと思われるもの1名. ◆教科書通りに進み,それなりに書くことも溜まってTeX打ちに入ったが, 卒論らしくオリジナルな突込…

研究授業行ってきた

何か昨日は研究授業後,小学生に囲まれ, 今日は校長にV2ドラ焼き,もろたで.↓ 小学校,おもろいで. さて,どちらの学生も,よく頑張っていた. しかし改めて小学校教員ってのも大変ではあるけれど, とてもクリエイティブな仕事だと思った. まっさらな子…

高大連携スクールだよ

このお仕事も恒例. 昨年の記数法の話題を 免許更新講習用に焼き直したものを 更にスクール用に焼き直し. 夏休み中に90分講義を2つ聴いた後の更に数学の話. さすがに生徒も疲れているかなと思いつつも, 寝させない勢いでやってみた. もちろん,ガサガサ…

2年ぶりに免許更新講習

やってみた. ネタは2年前と同じ.ただ,その後卒論指導などで思うことが増え, そのあたりの思いも現場の先生方にぶつけてみようと試みた. れいの,ガサガサ計算機も登場. ......... ...... ... あれ?プレゼンの仕方が2年前と何か違うのかなぁ. 提出い…

恒例のオープンキャンパスにまた参加したよ

またこの時期になってきた. 出し物に参加してくれる学生を集め始めたのが5月中旬, それから2ヶ月あまりの紆余曲折を経てようやく当日へ. 午前,午後と1回ずつ行ったが, とにかくすごい人数. 午前だけで400部のプリントが消えた. (そんなに入れない部…

かき氷でオープンキャンパス準備検討会

またまた今年もオープンキャンパスで模擬授業をする学生を集めたので,検討会にかこつけてかき氷. 我が研究室常備のガリガリ君で周りの研究室に騒音のご迷惑をおかけしながら, アイスやらフルーツやらのせてワイワイと. それにしても数理的に面白いことの…

New machine!

というか,メインのパソコンがお亡くなり(享年5歳3ヶ月)になったので,新規購入. できるだけ高スペックかつサポートが手厚いもので,結局EPSON Direct. 5年ぶりの更新,やっぱ速いのなんのって. 電源入れて部屋の窓開けて振り返るともう立ち上がってる…

dviからpdfで図が入らないとき

ときどきこれが起こって困る.特にwindows7 64bitにしてから. もちろんOSとは無関係だろうし,環境設定がきちんとできていないからだろう. で,本腰入れて調べてみた. どうやら入れるべき図のEPSのVer.とpdfとの相性が悪いとおこるらしい. そこで,どう…

EXCEL2010の散布図テクニック

講義で必要になったので調べたのだが、EXCEL2007から散布図の各要素にラベルがつかなくなった。 これは明らかに不便だ。EXCEL2003まではあったのに。 かつてはこれに以下のようにラベルをつけてどの点が誰なのか分かるようにできた。 講義前日になってこの事…

宴の後

っていうわけで、卒論発表会、無事終了。 振り返ると最も手のかかった5代目だったが、 その価値があると思わせてくれたからなのかもしれない。 同時に、自分が彼ら学生に何を伝えたいのか、 ようやくこの5代目にして明確にその指針ができたのも確かだ。 彼ら…

そして卒論発表会!

ようやくここまで漕ぎ着けた。 ま、今年度も色々手がかかった。最後まで。 昔は卒論審査にはうんざりしていたが、 ゼミ生もそうでない学生についても どこまで我々が育てられたかが見られて この頃は楽しみになってきた。 同時に、次年度からまた学生をどう…

卒論、とにかく終わる。

何だかんだと言いながら、ようやく締め切り1日前に全員提出。 こんなに遅かったのは今年が始めてだ。 だが卒論という機会を通して、 学生をどのように数学に向かわせたいか、 何かしら確立できたような気がする指導の日々だったように思う。 ま、何はともあ…

数学への触媒としての果てしない活動

既に書き綴っていることだが、今年の卒論指導はホントにピンチ。 そんな拘らず、できるところまで適当にやって後はナンチャッテ卒論でいいじゃないか、 とはいかない性分なのでしょうがない。 指導した学生の卒論は、やはり自分にとっても一つの作品なのだ。…

やぶれかぶれのタコパー

ま、あれだ。 去年の今頃は7人中5人が卒論完成していた。 今年は、8人もいる上にまだ誰もできてない。 学生の動かし方、間違えたな。 いつも「あと一月あれば深められるのに」と口惜しい思いをするので、 早め早めに去年は動かして正解だった。 ま、あれ…

「...とする」か「...となる」か、それが問題だ、再び。

要するに、また卒論添削の季節が来たということだ。 そして今年もやっぱり、定義や仮定と結論がまるまるひっくり返ったサンプルが沢山集まった。 ひっくり返る現象は去年びっくりしたところだが、もう一つ愕然としたのが、命題の述べ方だ。 たとえば 「命題…

研究授業に顔を出す

さて、3年の4週間教育実習も大詰め。 今回も2校担当だったので昨日今日と研究授業に参加。 地元である春日井近辺をいつも選ぶのだが、今回数学教員への配属が皆無。 で、まぁ成り行き上、扶桑中と豊山中(←イチローの出身校だって)へ。 しかしなんという…

卒論進展状況

もう、後期はほぼこのことしか頭にない状態に毎年なっている。 もちろん今年も。というより、やつら、反応が遅いぞ。昨年より1月半遅れている。 遅れれば遅れるほど浅い論文にしかならない。 中には、教採が終わって以来まだ一度も来ていない輩もいるという…

基礎実習終わる

15日との2日間、附属高校へ基礎実習の引率。 事前指導の段階から色々あった彼らだったが、何とかここまで辿り着く。 しかし、やはり教員志望というだけあって、 それぞれに教育へ何らかの理想を抱いているようだ。 それはそれで頼もしい。 ただ、その理想に…

今年もやったよ、オープンキャンパス

というわけで2ヶ月ほど前から 学生を徐々に誘導しつつ 前日のリハーサルも終えて ようやくオープンキャンパス本番。 今年から午前、午後と2回行われる。 午前、ギッシリ詰まった。 260〜270人ってとこか。 うん、こうなるとやる気が出るね〜! で、性懲りも…

所詮ゼミ、されどゼミ

ちょいとゼミ決めの方法についての考察。 担当学年でない学年へもの申すのは紳士協定に反するようだから会議では何も言わなかったけど、 どうにも自分の中で気持ち悪さが残ることと(それは赴任当初から抱いている気持ち悪さでもあり) 当事者の学生は実際の…

ガラガラポンのある試み

3年生向けに「統計とコンピュータ」なる講義を毎年やっている。 「確率変数が確率分布に従う」といった概念がなかなか分かってくれなかったり、 そもそも確率変数がピンと来なかったり。 (ガラガラポンとか言っていつも誤魔化しているのだけど) さてそろそ…

久しぶりに、訪問授業@旭野高校

家から近いということもあり引き受けた高校訪問授業。 そういえばそのすぐ近くの旭中にも何回か教育実習で訪れている。 さて講義のほう、大学の様子を宣伝した後、 以前免許更新制度講習で扱った話題を高校向けに焼きなおしたものを行う。 九九に関するある…

なぜもっと早くに事を始めないのか

と毎年締切ぎりぎりになって動く学生を見て思うのだが、 今年もやはり来ました。教採願書締め切り間近のバタバタ。 昨日今日と21時22時まで入れ替わり立ち替わり、PR文のコメント。 しかしPR文を読むと普段は見えない一面を垣間見たり、 どんな思考回路で普…

勢いで高校数学発展研究会

卒論指導、発表会そしてこの山を超えると ちょっと楽になるはずの研究会。 毎年この時期の休日にやっている会だが、 今回は発表者の一人になってしまった。 まぁ、卒論発表会世話人の勢いでやってしまう。 ネタは準周期構造について。 何も難しい道具や大道…

そして今年も訪れた「卒論発表の日」

今年は4年の世話人のため、 ただゼミ生を指導するだけでなく プログラムやら審査委員やらその他の手回しやら忙しい。 今年は例年とは違い、発表を共通棟で行うことにした。 会場の場所や広さの不平等さを無くすのが目的。 で、当日。 前日教務課で確かに「…

Good Job! 3年ゼミ生

卒論発表会まであと1週間。 そこで3年ゼミの時間に 4年ゼミ生の卒論発表の練習をさせた。 基礎知識の無い全く話を初めて聞く人たちに、 如何に分かりやすく伝えるか。 どうすれば良く伝わるようになるのか。 知ったもの同士ではなかなか出てこない、 基本…

ドキドキの免許更新講義

教員の免許更新制度が本格始動となった今年度、 講師をさせてもらった。 なにしろ自分よりずっと年配のベテラン先生を相手に、 教育畑でない自分がやってもいいものかとまごつきつつ、 今日を迎える。 中学以上教員対象として募集したこともあり 高校教員が…

またまたオープンキャンパス参加

今年もやってまいりました、オープンキャンパス。 で、また模擬授業で参加。 今年は例年になく盛況で300人超えていたようだ。 ネタは2年前と同じぬいぐるみで手品。 それだけだと授業っぽくならないので、 関連した論理パズルの問題を初めに出題。 で、いよ…

はい、卒論発表会

さて、予告していた卒論発表会の日。 昨年はタイトルからして難しそうだから、 という理由で、聴衆が殆ど0だった。 この寂しさは如何ともし難い。 で、今年はタイトルだけでも楽しそうにしたいと、 頑張ってつけたのだけど、 何ということか、今年はプログ…