遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

Top | おしごと | ゼミ | がくせい | すうがく | かがく | きょういく | おんがく | おきにー | Tips | Photo | イベント | ものもう | あれこれ | About

 フリーソフト十進BASIC

仕事柄、というか講義そのものでもよく使っている
非常にとっつきやすいプログラム開発環境。
講義、ゼミ、研究の為の簡単な数値実験などなど
普段から大いに活躍している。
その昔はインタプリタなんて遅いから
大規模な計算のいる作業はやっぱり他の言語で、
と敬遠したものだが、
8bitパソコン(マイコン!)時代からすれば
本当に夢のようなマシンパワーが得られる現在、
かなりなことがインタプリタであるこの十進BASICでさせられる。
いい時代になったものだ。

(仮称)十進BASIC

フリーソフト
十進BASICのホームページ
MicrosoftBASICではなく、FullBasicの開発環境。
特に気に入っている点を列挙。
  • とにかくとっつきやすい

    もちろん、その昔PC-8001の時代からBASIC

    お世話になっていたせいもあるけど、

    Cなどの他言語に比べ、変数宣言や型に神経を使わずに

    何となくプログラムできてしまうのが何よりいい。

    プログラマーは全く逆のことを言うでしょうけど。)

    コンピュータアレルギーの数学の学生に、

    プログラムの仕組み、アルゴリズム的な考え方、

    問題の分割の仕方などを教えるのに、

    変数宣言や型変換などの技術的な問題を脇に置けるので、

    本当に最短で本質だけを教えられる言語ではないかと思う。




  • 計算が正確である

    コンピュータだから当たり前だろう、という人もいるかもしれないが、

    計算誤差が本当に少ない。

    いざとなれば1000桁計算モードもあり、フリーソフトでありながら

    計算結果を信頼できるのはありがたい。




  • 数学実験に非常によくマッチするグラフィックス表示環境

    普通他の言語でプログラムする時、簡単な画像表示をするだけでも

    あれこれお膳立てがいったりする。C++JavaVisual Basicも...

    また、MathematicaMapleGnuplotといった数式処理ソフトでも、

    その表示方法に慣れるまではいらいらするものだ。

    が、この十進BASIC、初めから数学実験を念頭において書かれたのだろうか、

    扱いが非常にシンプルで直感的。

    絵を描くためのお膳立てがほとんどいらず、

    数式処理ソフト系のような妙な記述方法もない、

    両者の良いところ取りした

    (プログラムすることの柔軟性と規格化された表示方法)

    丁度中間的な位置にあって自分にはとても使いやすい。

    何よりデフォルトで数学座標系をとっているところがうれしい。

    その上、プログラマーが数学座標系を定義して

    内部処理でピクセル座標に変換するので、

    「ピクセル単位」を全く意識せずに自由にプログラムを書いていける。




  • 再帰呼び出しができる

    Microsoft系のBASICしか知らなかった自分には、

    この機能はかなり衝撃的。

    おかげでこの機能をフルに使った講義「計算機利用数学A」を

    数年やってしまった。




  • 一次変換と複素平面が扱える

    描いた画像を回転・スケール変換・平行移動できる命令群が用意されている。

    これは特にゆとり教育のあおりを受け、とても脆弱になってしまった

    「変換」の考え方を教えるのに十進BASICは格好の道具になると思っている。

    実際、「計算機利用数学A」では、この機能をフルに使って学生たちに考えてもらった。

    また複素数モードも用意されており、変数に複素数を代入し、

    そのまま複素数計算をさせられるようになっている。

    これも嬉しい機能だ。




  • 構造化プログラミングができる

    これもMicrosoftBASICにはできなかったこと。

    これはまた、学生たちに「問題を小さく分割して解決すること」

    を教えるのにちょうどいい教材になると考えている。

    とはいえ、なかなか伝わらないのが悩みだが...