遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

Top | おしごと | ゼミ | がくせい | すうがく | かがく | きょういく | おんがく | おきにー | Tips | Photo | イベント | ものもう | あれこれ | About

 大学見学説明会

今年も説明会の時期になった。
昨年大失敗した模擬授業、今年こそはリベンジ、
と自ら進んで模擬授業担当となった。
学生とネタが被らないように以前から打ち合わせ。
結果、学生たちがやることのほうがずっと数学的な話。


それにしても父兄も交えた200人を前に話すのは
久しぶりで、やはり緊張する。
おまけに一発ネタだけに、失敗は痛い(そして遺体...)
ネタは、マーチン・ガードナー本にあった、
ボブ・ハマー考案の3つの品の手品。
以前、教養科目の一般数理か何かの講義で
(そのときも200人ほどの受講者がいたのだが)
扱ったことがあり、とても好評だった話だ。
ネタ自体はうまくいったのだが、
200人全員に伝えるという意識が欠落していたのがいけなかった。


その後、学生が様々な話をする時間になった。
百マス計算、逆関数、パラドクス、をネタに
よく作りこまれたPower Pointを使い、
話す順序もタイミングも良かった。
何より全員に伝えようとする意識がよく出ていて、
後ろに座っていた生徒さんまで驚いたり深く納得したり、と、
とてもうまくいったのではないだろうか。

協力してくれた学生のみなさん、お疲れ様でした。