読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

Top | おしごと | ゼミ | がくせい | すうがく | かがく | きょういく | おんがく | おきにー | Tips | Photo | イベント | ものもう | あれこれ | About

やっぱ,かっけぇよ,Kapustin

ニコライ・カプースチン.ロシアの作曲家なんだけど,
作風はJazzをクラシックに読み替えたという感じだろうか.
一番有名な「8つの演奏会用エチュード」第3番のToccatinaが,かっけぇ.
アムランが弾いたのがYoutubeにあった.超絶技巧のアムラン,やっぱ軽々弾いてはる.


実は2年ほど前,初めてカプースチンを知って取り組んだ.一か月粘ったが,挫折.
毎朝30分のピアノじゃ歯が立たんってことだ.


で,久しぶりにYoutubeでToccatinaのいろんな演奏を漁ってたら
DrumとBaseを入れたバージョンを発見.うぉぉぉっ,か,かっけぇ〜〜〜!

で,触発されて譜読み.通すだけで40分 ―― あほか,と.譜読み遅すぎ,と.
ただ,ゆっくり弾くだけでもクラッシックでは捉えきれないJazzの和声にシビレる.
どうしてこの文脈でそんな音が使えるのだろう!とか.
Jazzの和声の数理,なんとか上手く捉えられないものかと,永年思ってきた.


さて,練習練習.
おっと,譜面はAmazonでも買える.弾ける人,挑戦してみて↓

カプースチン 8つの演奏会用エチュード 作品40 PRHYTHM EDTION

カプースチン 8つの演奏会用エチュード 作品40 PRHYTHM EDTION

  • 作者: 川上昌裕,ニコライ・カプースチン,アントニー・ニューエル
  • 出版社/メーカー: プリズム
  • 発売日: 2008/11/29
  • メディア: 楽譜
  • 購入: 2人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る