読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

Top | おしごと | ゼミ | がくせい | すうがく | かがく | きょういく | おんがく | おきにー | Tips | Photo | イベント | ものもう | あれこれ | About

The Melody At Night, With You

DTM ゼミ Art

どうも今年は力が湧かない.というのは卒論のことだ.
なんとなくそれなりに形にはなるのだろうけど,
何ともギリギリの闘いって感じがなくて,ピリッとしない.
昨年の反省もあって,極力物を言わないようにしているのだが,
そのせいか,極めて表面的な状態のまま卒論が終わっていくだろうことに,
当人たちはやはり気付いていない.
もっと貪欲に知的探究ができるだろうに,
本来持っているはずのポテンシャルの3分の1ぐらいの出来だ.
バイトもボランティアも打ち捨てて取り組むほどの気概も無いようだ.
そして,もう時間もない.誠に残念だが,今年はこんなもん,か.


で,その卒論たちの添削をする傍ら,
今年は久しぶりに何のイベントもなくゆっくりできる時間が取れたので,
息抜きに耳コピ.


Keith Jarrettの"The Melody At Night, With You"から.
慢性疲労症候群で演奏活動を休止したKeith.
病気療養中の彼が自宅でレコーディング.観客は奥さん一人.
そしてジャケ写はその奥さんが撮ったもの.
ゆったりとしたメロディーが,粛々と飾り気なく紡がれる.
そしてその一音一音が,驚くほど愛に溢れている.
秋がすっかり深まったころにふと訪れた小春日の
ゆっくりと陽が傾いていく夕暮れのような,
あるいはしっとりとした雨のあとの温暖な空気が
森の薫りをそっと運んでくるような...


音数が少ないのに,いや少ないからこそ,
選ばれた音で作られた和声に幾度となくハッと時めきながら,
Keithの奏でる音の森に深く深く潜って,耳コピは続く.


The Melody At Night, With You

The Melody At Night, With You