読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

Top | おしごと | ゼミ | がくせい | すうがく | かがく | きょういく | おんがく | おきにー | Tips | Photo | イベント | ものもう | あれこれ | About

となりの人びと(現代美術 in 春日井)

いよいよ今年,3年ごとにやってくる「あいちトリエンナーレ」の年.
f:id:okiraku894:20160214185035p:plain:h300,right
その前哨戦となるイベントが
ちょこちょこ行われているが,
丁度春日井で小規模の展覧会が
行われているので行ってみた.

何しろ現代アート物は
写真撮影OKなものが多く,
そういった被写体探しという意味でも
楽しみだったりする.


aichi-art.com

あいにくパンフレットに全ての作品が載っていないため,
後から写真を見返してもどなたの作品だったか分からない物もあるが,とりあえず報告.

会場に入るとまずは「空気」の作品.
f:id:okiraku894:20160214144338j:plain:w600
竹田尚史 ― 空気になる私

同氏の作品はまた展示室内にもあった.
古い時代の自然科学全体を研究しているといった体裁の部屋が作られていて,
その研究の辿り着いた先が「空気」作品として結実した,ということだろうか.
何か宮沢賢治を彷彿とさせる.
f:id:okiraku894:20160214143824j:plain:w300,left
f:id:okiraku894:20160214143858j:plain:w400,right
f:id:okiraku894:20160214143930j:plain:w400,left
f:id:okiraku894:20160214144013j:plain:w400,right
f:id:okiraku894:20160214144111j:plain:w400,left

渡邊千夏 ― BIG MIRROR BOOK II
写真では分かり辛いが,実際に前で見ると元の描かれた虹と反射した虹とが
空間的に絡み合っているように見えて,面白い錯覚を引き起こす.
f:id:okiraku894:20160214144725j:plain:w300,left

今井俊介氏の作品.タイトルは憶えていない.
f:id:okiraku894:20160214144506j:plain:w400,right
f:id:okiraku894:20160214144631j:plain:w300,left

ゴメンナサイ,作者も憶えてないのだけど,真っ白に塗られた哲学的な作品.
f:id:okiraku894:20160214141317j:plain:w400

田中翔貴 ― Portrait of zinc
時間と記憶に関わる作品.写真と絵画の間.良い味が出ていた.大きな作品.
f:id:okiraku894:20160214141858j:plain:w500

杉浦光 ― All Blue-expansion- II
作品は3つあったが,一番綺麗に思えたものを撮影.
f:id:okiraku894:20160214142105j:plain:w400

設楽陸氏の一群の作品.ゲーム的世界観の芸術的昇華,ということだろうか.
f:id:okiraku894:20160214142716j:plain:w400,left
f:id:okiraku894:20160214143202j:plain:w400,right
f:id:okiraku894:20160214143223j:plain:w300,left

その他,作者を憶えてない作品.ホント,申し訳ない.
f:id:okiraku894:20160214142248j:plain:w300,left
f:id:okiraku894:20160214142314j:plain:w300,right
f:id:okiraku894:20160214142553j:plain:w300,left

そしてトリエンナーレの特徴である街中アートへ.
使われなくなった建物にアート作品を展示するというやつだ.
まず,丸十ビルへ.普通のビルなので,うっかりすると通り過ぎるし,
別のフロアーでは通常の業務を行っているような状況で,
本当にアート作品があるのか,間違った所に来てしまったのでは,
と,やや怯えながら階段を上がった.
f:id:okiraku894:20160214151047j:plain:w400

大崎のぶゆき氏のインスタレーション.
真っ黒な部屋に街角落書きの寄せ集めのような模様が
真っ白なペンキで次第に変化していく映像が流れる.
そして無音.おそらく暖房設備が出す環境音だけがその部屋に響く.
そう,こういった静かな時間が流れる作品が好きだ.
そして何よりインスタレーションは空間そのものを異化してくれるから,
その間だけ小さな旅ができる.その感覚がとても心地良い.
f:id:okiraku894:20160214150750j:plain:w400,right
f:id:okiraku894:20160214150812j:plain:w400,left
f:id:okiraku894:20160214150840j:plain:w400,right

その隣の本屋でも展示があるそうなんだが,何と日曜定休なんだそうで,残念.
f:id:okiraku894:20160214151035j:plain:w400

で,何より驚いたのが最後の場所,「蔵」.
こんな建物がまだ春日井市のど真ん中にあるなんて知らなかった.
f:id:okiraku894:20160214151741j:plain:w300,left
f:id:okiraku894:20160214151806j:plain:w300,right
f:id:okiraku894:20160214151935j:plain:w300,left


で,作品本体はこの扉の下に空いた穴から聞こえる,音のインスタレーションだ.
村田仁 ― カエルの国会,人の町
f:id:okiraku894:20160214151844j:plain:w400,right


その扉の傍らに,またその存在だけでアートになってる古びた金庫が置いてあった.
これも作品の一部,なのだろうか.
f:id:okiraku894:20160214151900j:plain:w400,left

以上,報告終わり.帰り道,アートモードになった頭で歩いていると,
自然にできたアートが目に留まったので撮影.
標識なんかを立てるための穴だっただろう所が土で埋まり,
そこに植物が生えていた.
f:id:okiraku894:20160214152645j:plain:w500
いずれもILCE-6000+Sony E 35mm f1.8, Lightroomにて現像

う~ん,8月11日開始のあいちトリエンナーレ,楽しみだ!
新年度から2年間のおも~い仕事が降ってくるのだけど,これだけは譲れない.
あいちトリエンナーレ2016