遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

| おしごと - きょういく - がくせい - ゼミ - イベント | すうがく - おんがく - 数理音楽 - DTM - かがく - scratch
| Art - photo - おきにー - Tips - ものもう - あれこれ | About - Top

あいちトリエンナーレ2019―第2次調査 県美+四間道編

何かと物議を醸している今回のトリエンナーレ.
tokidoki.hatenablog.jp
tokidoki.hatenablog.jp

お盆の終わりに,見落としていたものを探しに名古屋まわりの再調査.
今回はいずれもSONY α6000(ILCE-6000)+SEL35F1.8OSS.

(県美A-19)今村洋平/「tsurugi」「peak」
詳細を撮影.
f:id:okiraku894:20190818152258j:plainf:id:okiraku894:20190818152404j:plain

(県美A-26)Pangrok Sulap/進化の衰退
横になが~い作品なんだけど,今回は詳細を撮るべく何枚かに分けて撮影.進化についての絵巻物.
f:id:okiraku894:20190818154704j:plainf:id:okiraku894:20190818154724j:plainf:id:okiraku894:20190818154951j:plainf:id:okiraku894:20190818155006j:plainf:id:okiraku894:20190818155314j:plainf:id:okiraku894:20190818155336j:plain

(県美A-29)澤田華/Gesture of Rally #1805
どちらかというと,イタズラ系.
偶然写真に写り込んでしまった,得体のしれない「何か」について(フィクション),オカルト的に大真面目に考えてみた(フィクション)という作品.
f:id:okiraku894:20190818155633j:plainf:id:okiraku894:20190818155651j:plainf:id:okiraku894:20190818155706j:plain

(県美A-31)Miriam CAHN/美しいブルー,など
この手のアート展,いわゆる絵画っていのはかえって珍しい部類になるのだけど,彼女の作品についついまた足を運んでしまう.
現代社会が無意識下で感じている息を潜めているような不安を引きずり出してくるような.

「風景の中で」(だったかな)
f:id:okiraku894:20190818160131j:plain

「私から離れて!」(だったかな)
f:id:okiraku894:20190818160335j:plain

「原子爆弾」(だったはず)
f:id:okiraku894:20190818160526j:plain

(県美A-07)Claudia MARTÍNEZ GARAY/・・・でも、あなたは私のものと一緒に
捧げものと生贄と.
f:id:okiraku894:20190818144941j:plainf:id:okiraku894:20190818145012j:plain

(県美A-15)Ceal Floyer/Untitled(Static)
透明なドームの下に立ちます.ノイズが流れているのだけど,体の位置を変えると聞こえたり聞こえなかったり,このドームの周りに音の壁ができているような感覚.
f:id:okiraku894:20190818150507j:plain

(県美A-16)文谷有佳里/「ガラスドローイング」
やっぱり美しいなぁ,と思うのでレンズを変えてもう一度きちんと撮影.
f:id:okiraku894:20190818150948j:plainf:id:okiraku894:20190818151026j:plainf:id:okiraku894:20190818151215j:plain

で,四間道で見落とした作品を観るためだけに,延々と20分ほど歩いて四間道・円頓寺界隈へ.

(四間道S-06)アイシェ・エルクメン/Living Coral / 16-1546 / 商店街
どちらかというと,この雰囲気を撮りたかった.
f:id:okiraku894:20190831173820j:plain

(四間道S-02)岩崎貴宏/町蔵
伊藤家住宅の蔵にあった作品,これを見忘れていた.
木炭でできた,円頓寺あたりや名古屋城あたりを思わせる静かなジオラマ.
f:id:okiraku894:20190831173235j:plainf:id:okiraku894:20190831173247j:plainf:id:okiraku894:20190831173226j:plain

さて,あとは豊田会場.
9月涼しくなってから,そしてラグビーで騒がしくなってしまう前に散策しよう!

あいちトリエンナーレ2019―第1次調査 名美+四間道・円頓寺編

先週の県美一次調査に続き,今回は名古屋市美術館と四間道界隈.
tokidoki.hatenablog.jp

まずは名古屋市美術館から.
今回はSONY α6000(ILCE-6000)+SEL1670ZF4.0やSEL35F1.8OSSにて.

(名美N-01)碓井ゆい/ガラスの中で
入り口を入ると涼しげな作品.
金魚鉢を下から眺めているような.
f:id:okiraku894:20190810104420j:plain
f:id:okiraku894:20190810104511j:plain
f:id:okiraku894:20190810104339j:plain

(名美N-02)今津景/生き残る
う~ん,今ひとつコンセプトが掴めなかった.
f:id:okiraku894:20190810104818j:plain
f:id:okiraku894:20190810104727j:plain

(名美N-05)桝本佳子
陶器と色々なもののキメラ.
というのか,陶器というフィルターを日常に掛けたような.

《群雀/五枚揃皿》
f:id:okiraku894:20190810105738j:plainf:id:okiraku894:20190810110600j:plain
《圧縮紋(武人埴輪)》
f:id:okiraku894:20190810105824j:plain
その他の作品
f:id:okiraku894:20190810105938j:plainf:id:okiraku894:20190810110013j:plainf:id:okiraku894:20190810110058j:plainf:id:okiraku894:20190810110140j:plainf:id:okiraku894:20190810110224j:plainf:id:okiraku894:20190810110201j:plainf:id:okiraku894:20190810110332j:plainf:id:okiraku894:20190810110348j:plainf:id:okiraku894:20190810110531j:plain

(名美N-07)青木美紅/1996
モコモコとした刺繍.で,後で解説読んで,この作家さんは自分が人工授精で誕生したことをモチーフの源泉としているとのこと.
なるほど,だからクローン羊のドリーか.
f:id:okiraku894:20190810112400j:plainf:id:okiraku894:20190810112416j:plainf:id:okiraku894:20190810112442j:plain

(名美N-08)タニア・ペレス・コルドヴァ
極めて抽象的.その配置に意味はあるのか.
f:id:okiraku894:20190810112619j:plainf:id:okiraku894:20190810112712j:plainf:id:okiraku894:20190810112805j:plain

その他,いくつかの映像作品があった.勿論撮影せず.
(名美N-09)Sholim/Sholim Inspired by Tokyo Story
ループ gif アニメ作品集.なんだか cyriak の作品のような変な中毒性のある奇妙な作品群.
説明するより,彼の作品のページを見るのが良い.
gifmagazine.net

あ,cyriak って例えばこういう作品作ってる人↓

cows & cows & cows

(名美N-08)カタリーナ・ズィディエーラー/Shoum
イギリスのバンドTears for Fearsの「Shout」を英語が全くわからないセルビア人に聴いてもらい,それを自分の言語で音声模写している様子の映像作品.
いわゆる空耳というよりは本当に無意味な音列だけど,聞こえるままにセルビア語の単語に落とし込んでいく.
けれどその写し取りが最終的になかなかいい出来になっていて面白かった.
いい出来なのだけど,書き取られた歌詞に意味はない.
言語から音と意味を分離させて見せているということなのだろうか.

さて,例年になく早く観終わってしまったので,四間道・円頓寺界隈の作品へ.



(四間道S-06)アイシェ・エルクメン/Living Coral / 16-1546 / 商店街
作品はどこ?アーケードの屋根から店の柱へと垂れ下がる珊瑚色の紐たちだ.
日常風景(いや此処に住んでいない者にとってはこの風景そのものが非日常なのだけど)にちょっとだけ手を加える.
それだけで観る側の意識に作用する.
f:id:okiraku894:20190810134323j:plain
というか,四間道界隈って知らなかったけど,とても小洒落ていて,そう,ちょうど京都の町並みを一本奥に行くと突然現れる知る人ぞ知る世界,のような非日常が広がっていて面白い.
名古屋にこんなところがあるなんて知らなかったよ.
f:id:okiraku894:20190810134537j:plainf:id:okiraku894:20190810134603j:plain
一方この界隈の西側がまた昭和の末裔という感じが色濃く漂っていた.
わか~い鈴木杏樹がデジタルホンを宣伝しているポスターがあったりして,令和じゃなくて本当に昭和だった.
あ,でもよく考えたらケータイの始まりは平成だったね.

東海デジタルホン 鈴木杏樹

(四間道S-07)鷲尾友公
円頓寺駐車場の壁に描かれた絵.会期中ここでライブが行われるそうだ.
f:id:okiraku894:20190810134221j:plain

(四間道S-05)葛宇路/葛宇路
現代アートでありがちな,いたずら系.
作家は葛宇路,そして作品タイトルも「葛宇路」.
これ,自分の名前にたまたま「路」が使われていたことから,北京の名もない複数の道に自分の名前を付け,勝手に道路標識なんかを設置していったら,いつの間にかオンラインマップサービスなんかで正式名扱いされていった,という本当の話.
アート作品として実は私が付けたとSNSで報告したら,これがニュースで連日取り上げられ,ついに行政が動いて撤去に乗り出し,行政が付けた別の名前を正式名として登録しなおしていった.
こういったイタズラを起こさせないために,その後北京市内の名が無かったすべての道に名前を付けたらしい.
この事の顛末をすべて映像として記録し,それを報告する作品だった.
社会の隙間にちょっと手を加える.
すると社会がどう出来上がっていくのか/出来上がっているのか,が見られるという寸法だ.
にしてもこれをよく北京でやったものだとつくづく感心.
f:id:okiraku894:20190810140500j:plain

そうそう,現代アートのイタズラモノといえば,真っ先にこの記事を思い出すよ.
curazy.com
でも,アートってこういうことでもあると思うんだ.

(四間道S-01)津田道子/あなたは、その後彼らに会いに向こうに行って
暑さの中,若干気を失いそうになりながら辿り着いた,最後の場所.
ふすまにはめ込んだ液晶画面を利用してあるときはリアルなその場所の映像を,あるときは撮っておいたその部屋の別の時間の映像を流す.
リアルと映像の境界が曖昧になる面白い作品だった.
f:id:okiraku894:20190810143543j:plain

そして自宅に戻ってから気づいた.
この津田さんの作品のあった伊藤家住宅にもうひとつ作品があったのに,それを見なかったってこと!
(四間道S-02)岩崎貴宏/町蔵
う~ん,暑すぎて頭が湧いていたらしい.
もっと涼しくなった頃に,もう一度訪れよう.
aichitriennale.jp

あいちトリエンナーレ2019―第1次調査 県美編

さてさてあれから3年,ようやくまた現代アートに触れる祭典がやってきた,あいちトリエンナーレ2019.
aichitriennale.jp

今回は残念なことに開催とほぼ同時に,ネトウヨを始めとする日本会議系の方々の妨害によって一部の展示が中止と相成った.
まぁ,なんといっても時期が悪すぎる,時期が.
www.asahi.com
そもそもキュレーターが津田大介氏に決まった数年前から予測できたことではあったし,中止前日に河村君が騒ぎ始めたのを見て,これはすぐに中止になると肌で感じたので次の日早速飛んで見に行った.

そして,間に合った.

きな臭いことはさておき,今年も楽しんでいこう.
ただ,前述の理由もあって,ちょいと急ぎ足での調査.
家に戻ってパンフレットを見てみると色々と見落としているものがあることに気づいた.
それと毎度のごとく,現代アートものは写真OKなのが嬉しい.
今回はいずれもSONY α6000(ILCE-6000)+SEL1670ZF4.0.

(県美A-35)Pia CAMIL/ステージの幕
なんでもバンドTシャツの物々交換で手に入れたもので作ったんだそうだ.
f:id:okiraku894:20190803103543j:plain

(県美A-03)Amanda MARTINEZ/欲望の構造
発泡スチロール的な素材による作品.
3Dプリンタで作ったのかな,とはじめは思ったがそうではないらしい.
f:id:okiraku894:20190803104232j:plainf:id:okiraku894:20190803104316j:plainf:id:okiraku894:20190803104406j:plain

(県美A-06)Ugo RONDINONE/孤独のボキャブラリー
多分,今回一番目立つ作品.
みな眠りこけているようにも見えるが,よく見ると皆ちょっとずつ表情が違う.
HPの紹介では,45体のピエロそれぞれに表している行為で名前がついているとのこと.
f:id:okiraku894:20190803104826j:plainf:id:okiraku894:20190803104852j:plainf:id:okiraku894:20190803104922j:plainf:id:okiraku894:20190803104954j:plainf:id:okiraku894:20190803105045j:plainf:id:okiraku894:20190803105115j:plainf:id:okiraku894:20190803105139j:plainf:id:okiraku894:20190803105343j:plainf:id:okiraku894:20190803105356j:plain

(県美A-07)Claudia MARTÍNEZ GARAY/・・・でも、あなたは私のものと一緒に
ペルー古代文明の辿った悲哀.
f:id:okiraku894:20190803105442j:plainf:id:okiraku894:20190803105511j:plainf:id:okiraku894:20190803105546j:plain

(県美A-09)石場文子/「2と3、もしくはそれ以外(わたしと彼女)」「Laundry」
日常品をなんとなく撮った写真,と思ったらイラストのように物が縁取られている.
写真に描いたのかと思ってよく見ると,実物の周りに実際に線を描き,それを撮ったものだった.
たったそれだけのことで2.5次元のような,日常と非日常を往還する経験ができる.
f:id:okiraku894:20190803111659j:plainf:id:okiraku894:20190803111815j:plainf:id:okiraku894:20190803111931j:plain

(県美A-10)村山悟郎/「環世界とプログラムのための肖像」 Decoy-walking
AI利用のアート作品もこれから増えてくるだろう.
この作品はAIの認識方法をもとに作られているらしい.
f:id:okiraku894:20190803112154j:plainf:id:okiraku894:20190803112308j:plainf:id:okiraku894:20190803112509j:plainf:id:okiraku894:20190803112605j:plain
あと,これ↓はマルセル・デュシャンの「階段を降りる裸体」へのオマージュだろうか.
f:id:okiraku894:20190803112748j:plain
en.wikipedia.org
そういえば,前回のトリエンナーレ調査冒頭でもデュシャンについて触れたね.
tokidoki.hatenablog.jp

(県美A-17)菅俊一/「その後を、想像する」
今回の調査で一番知性にビンビン来た作品.正確にはこの部屋で流れているアニメーションだ.
「ピタゴラスイッチ」で一般に知られる佐藤雅彦氏の門下生,Eテレの2355なんかを作っているとのこと.
タイトル「その後を,想像する」は何よりここで流れているアニメを見るのがよろしい.
あとちょっとで結果が出るところで画面がブラック・アウトする数々のアニメーションに,その場にいた皆が「あ~っ!」と反応していた.
その後どうなるのか想像してね,ってことだけど,このモヤモヤ感はなかなか楽しい.
f:id:okiraku894:20190803113111j:plainf:id:okiraku894:20190803113134j:plain

(県美A-13)Heather DEWEY-HAGBORG/Stranger Visions, Dublin: Sample 6
なにかリアルな面が浮かぶウインドウの下には煙草の吸殻やチューインガムといったゴミ.
これ,吸殻やガムから抽出されたDNAをもとに復元した顔なのだ.
つまりだ.私達はもう常にDNAという個人情報を辺りに撒き散らして過ごしているということだ.
f:id:okiraku894:20190803114306j:plainf:id:okiraku894:20190803114421j:plain

(県美A-14)dividual inc./ラストワーズ/タイプトレース
ここで展示されていたのは,あと10分で死ぬとしたら,何を言い残す?というテーマで一般から集められた言葉たちだ.
入り口にこのプロジェクトに参加できるように名刺大のQRコードが配られていた.
f:id:okiraku894:20190803114719j:plain

(県美A-16)文谷有佳里/「ガラスドローイング」
何かを描いているようで何も描いていない.
エッチングのようなタッチの抽象的なしかし有機的なドローイング.
なんだか音楽的だなぁ,とおもって後で解説を見たら,このアーティスト,やはりそういう背景を持つ人だった.
f:id:okiraku894:20190803114827j:plainf:id:okiraku894:20190803115121j:plain

(県美A-11)田中功起/抽象・家族
映像がメインの作品.
そういえばというか予想通りというか,今回のトリエンナーレ,問題提起型・ジャーナリズム的な作品が多い.
f:id:okiraku894:20190803115345j:plain

(県美A-18b)James BRIDLE/継ぎ目のない移行
12階にある夏場は暑くて近づきがたい展望回廊から見る作品.
はじめどこに作品があるのかウロウロしていたが,周りのお客の視線の先を見たらあった.
無人偵察機 RQ-4 グローバルホークの実物大をドローイングした作品とのこと.
こんなのが飛び回っている現在,また一歩ターミネーターの世界に近づいたような.
f:id:okiraku894:20190803120458j:plain

ターミネーター (日本語吹替完全版) スチールブック仕様 [Blu-ray]

ターミネーター (日本語吹替完全版) スチールブック仕様 [Blu-ray]

(県美A-02)exonemo/The Kiss
そういえば10階入り口すぐにこの作品があったね.
モニターに映し出される顔は,ただ目をつぶっているだけなのかもしれない.
けれどこうして重ねられると僕らは想像するわけだ.
f:id:okiraku894:20190803112939j:plain

(県美A-19)今村洋平/「tsurugi」「peak」
なんでもシルクスクリーンの手法で1万回も塗り重ねて作られた作品とのこと.
f:id:okiraku894:20190803120942j:plain

(県美A-20)袁廣鳴/日常演習
数ある問題提起型作品の中でショッキングだったのがこれ.
ドローンで台湾の街を撮影しているのだけど,車1台人ひとり人いない,死んだような街.
え~,これどうやって撮影しているんだ!!と思わず解説を読むと,これは防空訓練の風景なのだそうだ.
なんでも春先に日中の30分間,みな屋内に留まり一切の交通も不可とされる訓練とのこと.
まるでディストピア映画のようなのだけど,これがすぐ隣の国で起こっている現実なんだ.
あ,因みにこれは映像作品.
なが~い警報が鳴り響き突然人だけが消えてしまったような街をドローンが淡々と撮影している.
とても不気味な作品だった.
f:id:okiraku894:20190803122053j:plain

8階は世界的な様々な問題を提起する作品が多くあったが,映像作品なので撮影せず.
あ,もちろん冒頭にあげた「不自由展」もあったけど,今は触れないでおくね.
街なかで「右」の方々に刺されたりしてもバカバカしいからね.
(ああ,これこそまさに「表現の不自由展」だ!)

(県美A-24)Stuart RINGHOLT/原子力の時計
目を引く大きな時計.裏はカッコイイメカニック.
HPには「原子力の時計」とあったけど,ああ,確かに裏の黄色とこの形はそうだね!
でもコンセプトがいまいち掴めてないから,また今度きちんと見よう.
f:id:okiraku894:20190803132452j:plainf:id:okiraku894:20190803132525j:plainf:id:okiraku894:20190803132543j:plain

(県美A-25)Walead BESHTY/「FedEx」「トラベル・ピクチャーズ」
空港のX線検査でフィルムが感光してしまうのだけど,あえて防護せずに通過させる.
FedExの箱に載っかるガラスの箱は実際に運ばれたもの.
輸送する,ということについての一考察.
f:id:okiraku894:20190803132800j:plain

(県美A-26)Pangrok Sulap/進化の衰退
長い廊下にあるなが~い版画.
f:id:okiraku894:20190803132843j:plainf:id:okiraku894:20190803132916j:plain

(県美A-31)Miriam CAHN/美しいブルー,など
美しい色合いと,だけどそこに描かれている不気味なヒト型.
世界のいろいろなことが複雑に絡み合って,アーティストのフィルターを通して滲み出てきたモノたち.
f:id:okiraku894:20190803135052j:plainf:id:okiraku894:20190803135122j:plainf:id:okiraku894:20190803135155j:plainf:id:okiraku894:20190803135229j:plainf:id:okiraku894:20190803135454j:plainf:id:okiraku894:20190803135544j:plain

(県美A-32)藤原葵/Conflagration
爆発,を描いた作品.
アニメ的な表現なのは,そこから影響を受けているから,らしい.
f:id:okiraku894:20190803135730j:plainf:id:okiraku894:20190803135805j:plainf:id:okiraku894:20190803135829j:plain

あと,地下B2にあった映像作品.
(県美A-34ab)加藤翼/Woodstock 2017など
映像だから撮影しなかったけど,ロックバンドのメンバーが互いにロープで結び付けられ演奏を困難なものにする.
それが何ともコミカルで面白かった.思えば人と人ってのはこういうことでもある.

世界は複雑だ.それを一言二言で片付けてしまうお馬鹿さん国家元首が,この頃多すぎるね.
ポピュリズムとはこれほど世の中を腐敗させるのだね.
tokidoki.hatenablog.jp

さて,次回は名古屋市美術館かな.

四度堆積からの誘い(3)

本タイトルエントリーもこれで3つ目となる.
前回は確か Tristan chord が四度堆積和音の半音変形なんだってことを見つけた話だった.
tokidoki.hatenablog.jp
最近 Blackadder chord*1 なるものを某学生が教えてくれた.
これは音楽研究家Joshua Taipale氏によって近年名付けられたコードで,知らぬ間にJ-popに多用されていたものらしい.
www.youtube.com

Tristan はコードの進行力が弱いおかげで独特な浮遊感があってかつ単独で使える独立感のあるコードだと思っている.
これに対し Blackadder は強いベクトルを持ったコードで,然るべきところで使うととても明るい,爽快感のある進行をもたらすが,単独で使うとかなり違和感のあるコードだ.
こうしたかなり性質の違うコードなのだけど,この2つ,実は半音変形で移り合っている.

f:id:okiraku894:20190715140210p:plain
例えば上の譜例では,Blackadderが Gaug/Db であり,Tristanは Em on G/Db と,top noteが半音違うだけだ.
けれど,その違いだけで進行の行き先が大きく違ってくる.
ちょっと聴き比べてみてくだされ↓

前半はBlackadder,後半はTristanをそれぞれ挟んで自然に進みそうなコードを続けてみたが,こうしてみるとBlackadderはtop noteの半音進行が強力な牽引力となっているようで,というよりtop noteを半音進行させたらできてしまったコードのように思えなくもない.
けれどそもそもrootは半音下方進行で,なぜこれで成り立つのかよくわからない.
あるいはこのrootの半音下方進行は裏コードの発想から来ているのかとも考えたが,上に乗っかってるコードが裏コードとBlackadderではえらく違う.
でもとにかくBlackadderはこれで成り立ってしまっている!しかも爽快に飛ばしてくれる!!

Blackadderは分数コードとして捉えると上が Aug なので緊張度が高い.
このあたりの仕組みは最初のエントリーで触れた.
tokidoki.hatenablog.jp
同様なことは dim でも言えるのだけど,これらchromatic 12音を等分割するコードは一般に多数の文脈での解釈が可能だ.
dim や Aug はコード同士の乗り換え・乗り継ぎのためのハブのような役割をする.
更にその Aug のルートに対してこれまた12音を等分割する IV# の音を添える.
だから自ずと Blackadderは多義的解釈ができてしまう,したがって代理和音として様々に使われうるのだろうと想像はするものの,どれだけの可能性があるのかまだ検討していない.

何にしても,四度堆積を意識しながらコードを掴むと,以前の自分にはできなかった微妙なニュアンスの音作りが出来るようになって楽しい.
そんなことを感じながら毎朝ピアノでちょっとずつコードを付けてみたKIMIGAYO2019.
そもそもはDorian modeのコード進行ってどうやるん?というところから始まって,君が代は西洋音楽の枠組みでみるとD-Dorianかなぁ,じゃぁちょっとコードつけてみようか,となった結果である.

隠蔽,捏造,虚偽,忖度,そして分断ーもはや目も当てられないほどに劣化した政治だとか,ただでさえ同調圧力の強い民族性の中,失敗したら落ちていく他ない不安と隣り合わせに生きる国民が抱える大きな閉塞感に覆われた,この国らしいアレンジにしてみた(というあと付け解釈).

*1:某Youtuberによって「イキスギコード」なるいかがわしいネーミングが流行ってしまったのだが.

連分数likeなエジプト分数分解

大学院向け某夜間授業で出された話題で,\dfrac{1}{n}をエジプト分数に分解するアルゴリズムの紹介がされた.
すぐに互いに素なm,nに対する\dfrac{m}{n}では如何?となるわけだが,連分数likeな展開方法を幾何学的意味と共に考えたので備忘録.
そういえば,連分数展開の力学系的意味を2年近く前のエントリーで書いていたっけ.
tokidoki.hatenablog.jp

互いに素な自然数a>bについて\dfrac{b}{a}を分子が1の単位分数の和に分解するときに,Greedy Algorithmを使う.
つまり,\dfrac{b}{a}を超えない,できるだけ分母の小さな単位分数\dfrac{1}{n}を探すと,それは
\begin{equation}
\frac{1}{n}<\frac{b}{a}<\frac{1}{n-1}
\end{equation}となるものだから, b(n-1) < a < bn である.すると  bn-a < b であり,また,
\begin{equation}
\frac{b}{a}-\frac{1}{n}=\frac{bn-a}{an} < \frac{b}{an}
\end{equation}と分子がもとより小さくなった分数 \dfrac{b_1}{a_1}=\dfrac{bn-a}{an} が得られる.以下同様な操作を続けると
\begin{equation}
n_{k+1}=\left\lceil\frac{a_k}{b_k}\right\rceil,\quad a_{k+1}=a_kn_{k+1},\quad b_{k+1}=b_kn_{k+1}-a_k,
\end{equation}あるいは,連分数エントリーの真似をすると
\begin{equation}
n_{k+1}=\left\lceil\frac{a_k}{b_k}\right\rceil,\quad \begin{pmatrix} a_{k+1} \\ b_{k+1} \end{pmatrix}=\begin{pmatrix}n_{k+1} & 0\\ -1 & n_{k+1}\end{pmatrix}\begin{pmatrix}a_k\\ b_k\end{pmatrix}
\end{equation}といった表示ができる.そして  b_1 > b_2 > \cdots > b_k となっていくので,やがて  b_k=1 となり,このアルゴリズムは止まる.もちろん, a_k,b_k が互いに素である関係は変わらない.

単位分数  \dfrac{1}{n} を求めて差を取ることは,幾何学的には \dfrac{b}{a}=\tan\theta_0 から \dfrac{b_1}{a_1}=\dfrac{bn-a}{an}=\tan\theta_1 を求める作業であり,下図でいけば黄色の三角形の傾きから赤い三角形の傾きを求めていることになる.
f:id:okiraku894:20190528110013p:plain

もちろん,この手順は無理数に対しても行えるわけで,それが楽しいかどうか分からないが,たとえば
\[
\pi=3+\frac{1}{8}+\frac{1}{61}+\frac{1}{5020}+\cdots
\]
だとか
\[
\sqrt{2}=1+\frac{1}{3}+\frac{1}{13}+\frac{1}{253}+\cdots
\]
とか現れる.う~ん,いまのところ楽しくないなぁ...