遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

Top | おしごと | ゼミ | がくせい | すうがく | かがく | きょういく | おんがく | おきにー | Tips | Photo | イベント | ものもう | あれこれ | About

九平次とブルックナーと,そして卒論添削

今年の暮れも,例年の如くゼミ生の卒論添削で年を越す.
f:id:okiraku894:20171221114638j:plain
こうして手直しをする中,結構面白い発見をする.
例えばピタゴラス数を生成する行列の話は,
ピタゴラス数を2パラメータで表示するとき,そのパラメータが動く空間と
原始ピタゴラス数全体のなす空間の関係は,
パラメータ(2,1)を始対象とし,射を(1,1)(2,0)とする圏と
原始ピタゴラス数を含む圏との関手\Phi_2を観察してるに他ならないことだとか,
f:id:okiraku894:20171231202503p:plain
カードマジックで有名なGergonneトリックは一度論文にしたけれど,
Generalized Gergonne's Trick and its Continuous Approximation
いま一度卒論ネタにしてまとめ直すと綺麗に書き直せることとか.
f:id:okiraku894:20171231203127p:plain

まぁ,何にしても年末,
すき焼きとネットでわざわざ注文して手に入れた九平次(雄町!)の取り合わせを楽しんでから,
f:id:okiraku894:20171231175422j:plain:w500
昨年同様,遥か遠く高校時代に衝撃を受けた
マタチッチ指揮のN響によるブルックナー8番を聴きながら,卒論の添削で年を越すのだ.

ブルックナー:交響曲第8番

ブルックナー:交響曲第8番

  • アーティスト: ロヴロ・フォン・マタチッチ,NHK交響楽団
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2011/03/23
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
悪くは無い.むしろ誰の為でもなくある種の芸術活動として没頭できるこの時間は
おそらく誰にも理解されないであろう,私だけの幸福のひと時である.

私の身の回りのべき乗則

それは気のせいなだけなのかもしれないが,
何だかパソコンの動作がモッサリしてきたなぁ,
と思ったときにClean upした後デフラグをかけて,
モッサリがなくすという作業を定期的にしている.

で,そのとき分析結果として各ファイルの断片化数が報告されるわけだが,
それを分断数が多い順に並べ替えると
いわゆる「べき乗則」に従っているように以前から感じていた.
f:id:okiraku894:20170530130948p:plain

で,とある機会に実際にグラフにしてみたところ,なかなか見事な結果になった↓
f:id:okiraku894:20170526180652p:plain
ただし,デフラグのログが取り出せなかったので手打ちでデータを書き写したのだが,
分断数6以下のものは大量すぎて作業から外した.
EXCELによって与えられる近似曲線はy=5557.4x^{-0.95}で,
世にいうZipf則が成り立っているように見える.

それでも図に騙されている気がしたので両側対数軸 \log y/\log x で描いたのが↓
f:id:okiraku894:20170526180653p:plain
なかなか良い感じだ.

実はこの記事を書こうと思ったのは他でもない,
予算が削減されつつある大学の電子ジャーナルを契約更新するか否かの判断材料として
ジャーナルごとのアクセス数のデータをもらったことに始まる.
早速アクセス数の多いジャーナル順にソートして描いてみたら見事なべき乗則↓
f:id:okiraku894:20170526180655p:plain
f:id:okiraku894:20170526180654p:plain
おやおや.

この結果に気を良くして,では世間で言われているweb siteのアクセス数についても
べき乗則が見えるのかと,例えばこのブログの1日あたりアクセス数を
多い順にソートして並べてEXCELで近似曲線まで描かせると
どうもべき乗則ではなく指数分布のほうが決定係数が大きくなる.
(まぁ,決定係数が8種類もあってEXCELがどれを採用しているのか,
 とかいった厄介な話はこの際考えない.)
f:id:okiraku894:20170529121850p:plain

あれれ,何が起こっているのか?と思い両対数グラフを描いたら
\log x=2.5 あたりから急に落ち込んでいた↓
f:id:okiraku894:20170529121851p:plain

ならば\log x=2.5に該当する20アクセス未満の日を切り落とせば良いのか,と描いてみたのが↓
y=253.8x^{-0.408}と今度はべき乗則のほうが決定係数が大きくなった.
f:id:okiraku894:20170529121852p:plain
まぁ,不都合な部分を切り落としたのだから,そりゃべき乗則のほうが良くなるでしょ,
ともいえるのだけど.
そういえば最初のデフラグデータも分断数が小さいものは調べなかったから,
順位の大きい先のほうは切り落としたことになっているわけで,
世にいう「べき乗則」は順位の比較的小さい部分で起こっている話,と理解するものなのかなぁ.

残念な国(9-c)―日本会議が目指すモノ

どういうわけだか選挙戦では一切語られることのない日本会議.
2015年9月時点で全国会議員の4割(281名,うち自民が256名)が属している,
戦前の大日本帝国を誇りに思う団体だ.
# つまり明治以前の日本への郷愁があるわけではない.
# 彼らが愛してやまないのは,あくまで大日本帝国なのだという点を忘れると,
# 途端に彼らの言動の真意を見誤ってしまうだろう.

神道とも結びついた極右団体なので,
野党も批判すれば選挙演説中に刺されかねないと皆口をつぐんでいるのかもしれない.
いきり立ったごく普通の愛国主義的庶民らによって
そう遠くない将来,現代版二・二六が起こるように思えてならない.
二・二六事件 - Wikipedia

因みに,第3次安倍内閣では20閣僚中12人が日本会議国会議員懇談会に属している.
安倍首相は麻生太郎氏とともに特別顧問をやっている.少しリストにしてみよう.
と思ったらこんな一覧がネットに落ちてた.甘利氏がいるのでちょっと古いか.
f:id:okiraku894:20160703175016j:plain
hbol.jp

そもそも日本会議の主張と行動はどんなものなのか.
Wikiからなので心許無いが,そのソースが日本会議のHPやパンフレットから
ということなのでそのまま引用することにしよう.

1.日本の皇室関連の運動
男系による皇位の安定的継承を目的とした皇室典範改正
# 早速このあたりから戦前の空気「男尊女卑」の思考が見られる.

皇室の地方行幸啓の際の奉迎活動
# いわゆる,天皇陛下万歳!を国家を挙げてやりたい,ということだ.

2.改憲運動
# これに関しては何度も触れてきた自民党の改憲草案が全てを語っていよう.
# これは実質的に日本会議による改憲草案なのだから.

3.教育関連の運動
学校教科書に於ける「自虐的」「反国家」な記述の是正
# 教育現場にいる皆さんならこのあたりの神経質な振る舞いをよく御存じだろう.

「親学」にもとづく親への再教育,いじめ撲滅等を目的とした「家庭教育基本法」の制定
# 出ました,国家が国民を管理・監督し指導するのが当たり前という大日本帝国の基本精神.
# 結局かつてこの国を覆った精神性が,個人が開放されたはずの戦後においてすら
# 確立した個人としての市民を育てるに至らなかった背景なのだろうと思えてならない.

教育委員会制度の改革
# これも国家監視の下ということでしょう.

「公共心」「愛国心」「豊かな情操」教育等を盛り込んだ「新教育基本法」の制定
# 特にここで掲げる"公共心"概念の下,
# 自民党改憲草案では基本的人権が大幅に制限されようとしている.
# 草案の第13条がそれだ.そして子供のうちからこの精神性を叩きこもうという訳だ.
tokidoki.hatenablog.jp

「国旗国歌法」の制定
# 大日本帝国万歳!ですね.たとえばこの3月に岐阜大学が
# 国歌斉唱を入学・卒業式で行わないことを決めたことに対し,
# 馳浩文科大臣が「国立大学として,恥ずかしい」と発言したことが問題となったが,
# こうして問題とできるうちはまだ幸せなのだ.
# その発言の精神性の背後にあるのは「国が金を出してやってるんだ,大人しく従え」であり,
# そうするのが常識の世の中(つまり個人が考えることを止めた社会)になったとき,
# 人々は容易に「反日」の烙印を押すことだろう.これは戦時中の「非国民」と同じ意味だ.
# 「非国民」―この言葉の下でどれだけの自由な精神が踏みつけにされ,人々が虐待されたか,
# すっかり人々は忘れてしまった.こうして歴史は繰り返されるのだ.
#
# 因みに,同様な議論は実はこの大学でも起こりかけた.
# 大学お取り潰しにならぬために国歌斉唱を入学式の式次第に入れようとした執行部に,
# 「それは最高学府である大学の死だ」と反対を声明した教員が複数いた.
# 「つまらぬことで波風を立てるな」という現実主義的な意見で式次第には組み入れられたが,
# 本当はこの事勿れの精神性こそ見過ごしてはならなぬことなんだ.

おっと,この件に関する参考記事↓
synodos.jp

4.国防関連の運動
# 大日本帝国としては当然の動きでしょうが,ここでは触れない.

5.靖国神社関連の運動
内閣総理大臣の靖国神社公式参拝実現
# 日本会議の悲願でしょう.現在は公式だとあからさま過ぎるために"個人として"参拝しているが,
# 一方で「A級戦犯」と呼ばれる人たちが合祀されている神社への参拝が
# "粛々"と続けられているのは偏に日本会議の強い意向の反映なのだと最近分かった次第.
# 何しろ「A級戦犯」は"欧米列強からアジア開放を目指した英霊たち"だからだ.

靖国神社に代わる無宗教の「国立追悼施設」建設反対
# したがってこういった施設建設は当然反対するでしょう.
# 名目上,戦争で亡くなった国民への哀悼を表すことにしている靖国参拝から
# 亡くなった国民のみを分祀して新たな施設を作ったなら,
# 彼らの英霊である「A級戦犯」への参拝が公式に叶わなくなるわけだから.

6.極端な男女平等思想への反対運動
「選択的夫婦別姓法案」反対,「ジェンダーフリー」運動反対
# この男女同権を否定する復古的な動きも日本会議の特徴だ.
# 丁度NHK朝ドラの「とと姉ちゃん」でも「若い女の子が道の真ん中を歩くものじゃありません!」
# と年配の女性に叱られるシーンがあった.
# 「どこを歩こうと勝手じゃないか」という主人公の心の声と共にそのシーンは終わるのだが,
# 「男だから」「女だから」という,個人の確立を妨げる動きは日本会議に一貫したものだ.
#
# 戦時中,男尊女卑の世の中で進んでそれを促進しようとする国防婦人会という組織があった.
# もっとも,不自由な立場にあった女子にそれなりの立場を与える仕組みだった,
# という見方もあるそうだが,その現代版の↓の組織は如何なものだろうか?

www.soyokaze2009.com

7.日本の主権を侵害すると日本会議が見做した動きへの反対運動
外国人地方参政権反対,「人権機関設置法」反対,「自治基本条例」制定反対
# 初めの外国人参政権反対以外はなぜ反対するのか分かり辛いかもしれない.
# しかしいずれも彼らの理屈からすれば「在日擁護である」という点で一致しているようだ.
# そしてこれらいずれの反対運動にも組織があり,そして日本会議とのつながりは隠している.
# 例えば↓

自治基本条例に反対する市民の会公式サイト-トップページ-

ひたすら成長のみを目指していた経済が立ち行かなくなった世界中で
ナショナリズムの動きが広がっている.
そしてこの国では戦後70年をかけて虎視眈々と戦前回帰を狙う組織が,
気付けば巨大な力を持っていた.
もう全ては遅きに失した.おそらく参議院で3分の2を改憲勢力は獲得するだろう.
個人として考える市民が育たなかったこの国ではきっと,
イギリスのように国を二分するような議論にすらならずに,
この国に新憲法,新・大日本帝国憲法が制定されるのだろう.

そうなる前の,あるいは最後の僅かな僅かな望みが,
実は日本会議自身が再び担ぎ上げようとしているあの方々かもしれない.
真の意味での人類としての良心,この国の最後の良心である,あの方々.

本年は終戦から70年という節目の年に当たります.
多くの人々が亡くなった戦争でした.各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,
東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした.
この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び,
今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています.
 
天皇陛下のご感想(新年に当たり):平成27年 - 宮内庁

私自身,戦後生まれであり,戦争を体験しておりませんが,
戦争の記憶が薄れようとしている今日,謙虚に過去を振り返るとともに,
戦争を体験した世代から戦争を知らない世代に,
悲惨な体験や日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切であると考えています.
 
皇太子殿下お誕生日に際し(平成27年) - 宮内庁

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)

残念な国(9-b)―あたらしい憲法草案のはなし

お,やるじゃないか.
www.asahi.com
争点化を避けている政府与党に対し,マンガ雑誌らしい提起の方法だ.
ちなみにこれはかつての文部省(文科省ではない)が
戦後の新しい国の形を子供向けにやさしく説明したもので,
現在では青空文庫としてweb上で読めるようにもなっている.
文部省 あたらしい憲法のはなし
その中にある↓の画は教科書で皆見たことがあるんじゃないだろうか.
f:id:okiraku894:20160702170121p:plain
戦争に使われていたものを平和なものに作り変えていこうという国家の意気込みを表す,象徴的な画だった.
人々がこんなふうに心底平和な世界を願っていた時代だった.

さて,この「あたらしい憲法のはなし」を読んだついでに,
次の「あたらしい憲法草案のはなし」を是非読んでみて欲しい.

あたらしい憲法草案のはなし

あたらしい憲法草案のはなし

  • 作者: 自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合
  • 出版社/メーカー: 太郎次郎社エディタス
  • 発売日: 2016/07/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
うんうん,なにしろ自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合が作っているんだ,
きっと素晴らしいこれからの新しい国の形を示してくれているに違いない.
出版社のHPにある内容紹介を見てみよう.

「国民が国家をしばる約束」から「国家と国民が協力してつくる『公の秩序』」へ.
草案の提案する憲法観の大転換を,起草者たちの論理と願望にぴったりとよりそって語る.

そうそう,もう本当にぴったりと寄り添い,ありったけの想像力を駆使して
どんな思いでこの草案が作られたのかを考えないと分からない内容だものね.
はじめに,を読んでみよう.

....
 憲法はいま,大きな分かれ道にたっています.政府と与党である自民党のあいだで,いままでの憲法をあたらしい憲法に変えようという気運が高まっているのです.
 憲法を変えるためには,衆議院と参議院のそれぞれで,3分の2以上の議員の賛成を得ることが必要です.両院で3分の2以上の賛成を得られたら,つぎには国民投票がおこなわれ,投票者の2分の1以上の賛成が得られれば,あたらしい憲法に変わります.
 このように,憲法を変えるためには,とても高い壁がたちはだかっています.それだからこそ,憲法は70年も変えられずにきたのです.
 ですが,この高い壁がこえられる日は,近いかもしれません.憲法を変えたいと思っている両院の国会議員の数が,3分の2を超えようとしているからです. 
 いいかえれば,いままさに,わたしたち国民ひとりひとりが,現在の憲法のままがよいか,あたらしい憲法に変えるべきかを問われているのだといえましょう.

おやおや,それは大きな変化だね.

 あたらしい憲法のもとになる案は,平成24年(2012年)4月27日に自民党が発表した「日本国憲法改正草案」(以下,憲法草案と略します)です.
 みなさんは,この憲法草案がどんなものかごぞんじでしょうか.よく知らないという人が多いのではないでしょうか.そんなことでは,いまのままの憲法がよいか,あたらしい憲法がよいのか,判断することができません.

うん,全くその通りだ.ちゃんと読み比べなくてはね.

 そこで、わたしたちも,70年近くまえの『あたらしい憲法のはなし』をみならって,『あたらしい憲法草案のはなし』をつくることにしたのです.
 わたしたちはこの草案をつくった人(起草者)ではありません。ですが、できるだけ草案をつくった人びとの気持ちによりそい、そこにこめられた理念や内容 をつたえたいと考えました。改正の意図がわからない点は自民党が出している資料などを参考にし、それでもわからないときは、起草者の身になって考え、ことばをおぎないました。

いやぁ,そうなんだ,どうしてそう変えようと思ったのか,さっぱりわからないところが沢山あるからね,
ありったけの想像力を駆使してもちょっと分かりかねることばかりだからね.

 憲法改正に賛成する人も,反対する人も,どうぞこの本をお読みください.この草案を考えた人びとが,どれほど強い,熱い思いをもって,あたらしい憲法をつくろうとしているかが,きっとおわかりになるでしょう.そのうえで,憲法を変えたほうがよいのかどうかを,しっかり考えてもらいたいと思います.

では目次を見てみよう.

  はじめに
1 憲法を変える理由
2 国民主権の縮小
3 戦争放棄の放棄
4 基本的人権の制限
5 強く美しい国へ
資料1 「あたらしい憲法のはなし」(抄録)
資料2 自民党憲法改正草案(現行憲法条文対照)

いやぁ,素晴らしい.
戦後70年,あの戦前の息苦しさを十分に取り戻しているこの国の
最後の総仕上げがこの草案というわけだ.

そして空気を読むことに長けた若者たちはより空気を読んで生きねばならない世界を望むんだね.
18~19歳「自民に投票」44% 本社調査 経済政策「評価」48% :日本経済新聞
www.nikkei.com

まぁ,真剣に考えて行動する同世代を「意識高い系」などと揶揄し,あるいは自虐する彼らだ.
人と違ったことを堂々と言う者達を鬱陶しく感じるのも想像に難くない.
ネット上いたる所で見られる若者によるSEALDS叩きはそんな空気の象徴だろう.
「列を乱すな!大人しくしていろ!」―これが日本の空気だ.
「ぜいたくは敵だ!」「一億総火の玉だ!」―あの時代から何も進歩していない.
国民精神総動員 - Wikipedia

そう.もう一度言うが,この国には結局,市民は育たなかった.
個人というものをその土台に据え,自分の頭で考え自分の言葉で話す市民は育たなかった.
戦後の学校教育は市民を育てられなかったのだ.
育ったのはひたすら空気読みに長けた大衆だけだった.
たとえ市民が育ちかけても,悉く「日本の空気」に呑みこまれていく国なのだ.
tokidoki.hatenablog.jp

戦後70年,リベラルな空気に抑圧されてきた日本会議のみなさん,おめでとう.
ようやく皆さんの目指す「良い子の国」新・大日本帝国の建国が間近となったのです.

tokidoki.hatenablog.jp

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)

残念な国(9-a)―二度の世界大戦を忘れた人類,再びナショナリズムの嵐へ

タイトルは「残念な国」ではなく,「残念な人類」とすべきかもしれない.

本日,イギリス国民はEU離脱を選択した.
"Britain first!"と叫ぶ男に残留派のジョー・コックス議員が殺害されるという,
自分がイギリスに対して抱いているイメージからは違和感を感じる事件があった.
日本で言えば差し詰め「天皇陛下万歳!」だろうか.

残留派と離脱派についての面白いデータが有った.
"Education and EU referendum"というものだ.
つまりその人が受けた教育レベルと残留/離脱との関係だ.
これによればイギリス独立党を除く全ての各政党支持者の教育レベルが高いほど
残留を支持するという結果だ.
yougov.co.uk
教育レベルと年収には正の相関があることはよく知られた事実だが,
それを踏まえれば極自然な結果と言えよう.
不満層は移民排斥に流れやすい.「全てはあいつらのせいだ」と.
裏を返せば,高収入の層にとっては現状が良いはず,でもある.

一方,「トランプ大統領」が現実味を帯びてきたアメリカでは,こんな面白い動きがあった.
トランプが大統領になるくらいなら,アメリカを出たほうがマシだ,という.
www.afpbb.com
世界中から人を受け入れ,まさにそのことによって
世界中の頭脳もカネも集まった自由の国アメリカにおいて,
移民流入を防ぐ万里の壁「トランプ・ウォール」を作ると言っている.
(それもメキシコ負担で,ってところがちゃっかり.)

かのホーキング博士も
「最も低レベル層の大衆が支持する扇動政治家」なんて,
もう歯に衣着せぬ言いっぷり.因みに博士もEU残留派だ.
www.huffingtonpost.jp

フランスではパリでの連続テロの後,
ルペン氏が率いる「国民戦線」が支持を広げている.
www.newsweekjapan.jp

哲学の国ドイツでも極右政党AfDが躍進した.
gendai.ismedia.jp

遡ればハンガリーが近年,憲法改正を行ったのだが,
民主主義の危機として世界から批判を浴びている.
その憲法がまた,自民党,いや,日本会議が作った憲法草案に
目指すところが実によく似ている点は,特筆に値する.
newsphere.jp

こうして改めて見回すと,世界は理性を失いつつあるのがよく分かる.
経済が立ち行かなくなったとき,国が国としての形を保つためには,
つまり国を形づくる民衆をまとめ上げる最も安易な方法は,
「強い国家像を掲げるナショナリズム」であることは,
人類の歴史が幾度となく世界中の至る所で繰り返し示してきた.

21世紀になっても結局,その手法から人類は卒業できないでいる.

あるいは人間の寿命がわずか一世紀にも満たないこと,
そのことが人類の次なるステップを妨げているのかもしれない.
(だから人類の知的寿命を飛躍的に伸ばす一つの現実味のある方法が
 人工知能なんだと妄想しているが,その辺りは別の機会に.)

いずれにしても,人々の間にある経済格差はQOLの格差,特に教育格差を生み,
ひいては理性の格差を生んでいる.
イギリスを二分した今回の投票もこの理性格差の反映だとも見える.
その対立の構造は今や先進国の至る所で見られる.
もちろん我々の国も例外ではない.


f:id:okiraku894:20160625092313p:plain
兎にも角にもトランプ氏曰く「強い,偉大なアメリカを再び」だそうだ.
おやおゃ~,どっかで聞いたフレーズだなぁ.


【自民党 新CM(30秒Ver.)】「日本を、取り戻す。」

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議の全貌  知られざる巨大組織の実態

日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態