遊び tokidoki 仕事

数学と音楽と教育と遊び

Top | おしごと | ゼミ | がくせい | すうがく | かがく | きょういく | おんがく | おきにー | Tips | Photo | イベント | ものもう | あれこれ | About

ゼミ

サプライズをありがとう

実習から帰ってきたゼミ生. 今後はいわゆるゼミはお休みで代わりに教採対策. やや朝寝坊したため普段より遅めに現れる. しかしなぜかゼミ室に入れてくれないし,なんかこそこそしてる. おや? って感じで,サプライズパーティー. しかるべき理由によっ…

女子力発揮のケーキ差し入れ

というか,バレンタインかな. 食べっぷりの良い3年ゼミ生(だが女子)が, イケメン3年ゼミ生の女子力(だが男子)に対抗して(か?) ガトーショコラを作ってきた! ドーン! おお,そして美味い! 皆で実食.と思ったら,この写真,食べる前だった↓*1 …

不完全燃焼なんだろっ

そうなんだろっ,そうなんだろっ♪(石川智晶風に) 何がって,今年の卒論だ. 彼らには悪いのだが,どう控えめに見ても 未だかつてないほど浅く,薄く,低かった. 発表前1週間は心配でよく眠れず,終わったら眠れると思いきや, 今度は悔しすぎて眠れない.…

クララが立った!

いや,「ゼミ生が初めて全員揃った!」だ. だってあれだ, 1人は4年の今ですらフル単, もう一人は就活やら警察沙汰やらで 集中できなかったんだもん! まぁ,もう今から何となく結果は見えているのだが, 卒論発表は酷い事になりそうだ. おかげで本当に,…

Mahlerの大理石- その2

院試で土日出勤. このところ神経が高ぶったままで夜すぐに目が覚めてしまっていたが, 仕事終了後,直行で布団.で,かなりすっきりした. 先週のMahlerの大理石.あれは小数点以下だけの片割れだったので, ベキ計算をせず,配列でbit計算したいわゆるオド…

Mahlerの大理石

まだ4年の卒論が完了してないのだけど... 3年ゼミ生に気になる問題を振ってみたら, ものの2時間ほどでプログラムが返ってきた. Mahlerの3/2問題について. K. Mahler, An unsolved problem on the powers of 3/2, J. Austral. Math. Soc. 8 (1968), 313-32…

手がつけられない

何がって,今年度の卒論.(およそ一月沈黙していたのは正にこのせい.) 何しろ,意図通り動けたこれまでの卒業生でもギリギリ戦っていたところを 今年のようにこちらの意図通り動かない/動けない者が複数になると, 全員の卒論の質が落ちてしまう. しかし…

意外なクリスマスパーティー

というのも,3年ゼミのイケメンが, その特技のチーズケーキを1ホール作ってきたからだ↓ しかも上はレアチーズ,下はBakedの2層構造. なに,この特技,そして,女子力.(イケメンもしくはチャラ男なのに) で,もちろん午後からのゼミは無くなり パーテ…

なんせ,ハットの日だから

てなわけで,3年ゼミの昼休みはピザパー. だんだんと皆 それぞれのキャラが出てきたかな. チャラ男談義だったり, デートでの食事の違いだったり, お昼寝デートがアリだとかナシだとか. ああ,あと, ピザ→自分の弁当→ピザの娘. プルコギ旨し. それと…

毎年ながら,この頃が卒論で一番死ぬ

卒論もゼミ生の多くがTeX打ちに入って 添削に追われるようになってきた. さて,今日もゼミ生はゼミ室に閉じこもって取り組んでるかなぁ... あれ? へっ?! どこがじゃ!

なんか中間報告

卒論(グチ...) ◆半年近くその問題に関わりながら,なかなかスッキリした解決に至らない, が最近になって漸く議論が精密になってきたと思われるもの1名. ◆教科書通りに進み,それなりに書くことも溜まってTeX打ちに入ったが, 卒論らしくオリジナルな突込…

3,4年合同飲み会!

4年生が3年生と仲良くしたい! という強い要望から? 3,4年ゼミ合同飲み会. っつうか,現4年との飲み会自体 今回初だね. え,日本酒? そして,先輩を敬いお酌をする後輩→ 幹事が何しろ強い. 同じペースで飲んでたら こっちがやられた. そして, 「…

あれれ,卒論が知らないうちにネット記事になってたよ

この春卒業していった 「ポケモンの名前で最長しりとり問題」 を扱った卒論が ITmediaの記事になってた. ポケモンでしりとりしたら 最長何匹まで続く? 数学の卒論がネットで話題に おやおや. タイトルで相当遊んでしまったために, 元となった論文 最長し…

いただきもの様々

とある理由でこのごろ学生からもらったもの. 先週昼,ゼミでスバカマナへ行っておごったんだけど, 次の週,それが「ヒマラヤ岩塩」になって帰ってきた. 三億五千万年前のもの,と書かれている. 確かにおいしい(気がする?).サンクス. ↓岩塩に群がる…

宴の後

っていうわけで、卒論発表会、無事終了。 振り返ると最も手のかかった5代目だったが、 その価値があると思わせてくれたからなのかもしれない。 同時に、自分が彼ら学生に何を伝えたいのか、 ようやくこの5代目にして明確にその指針ができたのも確かだ。 彼ら…

卒論、とにかく終わる。

何だかんだと言いながら、ようやく締め切り1日前に全員提出。 こんなに遅かったのは今年が始めてだ。 だが卒論という機会を通して、 学生をどのように数学に向かわせたいか、 何かしら確立できたような気がする指導の日々だったように思う。 ま、何はともあ…

数学への触媒としての果てしない活動

既に書き綴っていることだが、今年の卒論指導はホントにピンチ。 そんな拘らず、できるところまで適当にやって後はナンチャッテ卒論でいいじゃないか、 とはいかない性分なのでしょうがない。 指導した学生の卒論は、やはり自分にとっても一つの作品なのだ。…

やぶれかぶれのタコパー

ま、あれだ。 去年の今頃は7人中5人が卒論完成していた。 今年は、8人もいる上にまだ誰もできてない。 学生の動かし方、間違えたな。 いつも「あと一月あれば深められるのに」と口惜しい思いをするので、 早め早めに去年は動かして正解だった。 ま、あれ…

はい,歓迎のピザだよ

6代目3年ゼミ生で昼食に歓迎のピザパーティー。 ま、Hutの日ってことで、半額ピザを6枚。 案の定腹一杯で午後のゼミは沈没。 さて、今年のゼミでは環境をテーマにした社会問題を ゲーム理論的に解釈するテキストと 力学系でゲーム理論を展開する進化ゲーム理…

「...とする」か「...となる」か、それが問題だ、再び。

要するに、また卒論添削の季節が来たということだ。 そして今年もやっぱり、定義や仮定と結論がまるまるひっくり返ったサンプルが沢山集まった。 ひっくり返る現象は去年びっくりしたところだが、もう一つ愕然としたのが、命題の述べ方だ。 たとえば 「命題…

卒論進展状況

もう、後期はほぼこのことしか頭にない状態に毎年なっている。 もちろん今年も。というより、やつら、反応が遅いぞ。昨年より1月半遅れている。 遅れれば遅れるほど浅い論文にしかならない。 中には、教採が終わって以来まだ一度も来ていない輩もいるという…

所詮ゼミ、されどゼミ

ちょいとゼミ決めの方法についての考察。 担当学年でない学年へもの申すのは紳士協定に反するようだから会議では何も言わなかったけど、 どうにも自分の中で気持ち悪さが残ることと(それは赴任当初から抱いている気持ち悪さでもあり) 当事者の学生は実際の…

イチゴ狩りだよ

一ゼミ生の思いつきで企画されたらしい「イチゴ狩り」。 蒲郡のオレンジパークに3年ゼミと4年ゼミ一部で行った。 もちろん入試で休日に出勤した分を振り替えて、 今日は大学を休みにしたさ。 自分が参加すると雨がもれなくついてくるはずだったが、 この日は…

ゼミ半分つぶしてスバカマナだよ

ってわけで、なんだか午前のゼミ(演習)で いっぱいいっぱいな感じだったので、 午後、スバカマナへ(インド&ベトナム料理の店)。 一月に一度ぐらい食べたくなるんだよな、あのチーズナン。 これまで夜しか行ったことが無かったけど、 ランチは1260円でた…

そして今年も訪れた「卒論発表の日」

今年は4年の世話人のため、 ただゼミ生を指導するだけでなく プログラムやら審査委員やらその他の手回しやら忙しい。 今年は例年とは違い、発表を共通棟で行うことにした。 会場の場所や広さの不平等さを無くすのが目的。 で、当日。 前日教務課で確かに「…

Good Job! 3年ゼミ生

卒論発表会まであと1週間。 そこで3年ゼミの時間に 4年ゼミ生の卒論発表の練習をさせた。 基礎知識の無い全く話を初めて聞く人たちに、 如何に分かりやすく伝えるか。 どうすれば良く伝わるようになるのか。 知ったもの同士ではなかなか出てこない、 基本…

「…とする」か「…となる」か、それが問題だ

例年通り、今シーズンもどっぷりと卒論添削に浸かっている。 おそらく殆どの学生が数理論理的な文章を 自力で初めて書く機会なんだろうが、 毎年頭を痛め、同時に罪深さを感じる期間でもある。 その罪深さとは。 子供の頃から数学で良い点数を取り、 「セン…

まさかの2週連続、ゼミ中休みのピザパーティー

毎週ピザ食ってたら、太るって。 「牙一族」*1ならぬ「ピザ一族」とか呼ばれないように。 まぁ、でもみな深く考えて頑張っているのが嬉しい。 数理が美しく応用されている様子を感じて欲しい。 *1:某アニメより

え、ピザ週に2回?

いつも3年ゼミは昼を挟むのだが、 何となくノリで昼、ゼミ生と研究室でピザパーティー。 週2でピザ食べてたら、太るよなぁ... 女子の微妙な暴露話で盛り上がる。 というか、「釣れない」とか言うなよ。 ほら、男子諸君、退いてるし。

2時間×7人=14時間

何がって、4年ゼミのこと。 今年は何だかんだいって、ゼミ生一人に2時間割り当てて 卒論指導にあたるはめになった。*1 気付いたら一週間の時間割まで決められていた。 まぁ、テーマが皆バラバラということもあるのだが。 で、そのテーマ。 伝染(うつ)るん…

ゼミ生、教採一次へラストスパート

副免実習以後、我がゼミでは「教採勉強会」として 論作文、面接、集団討議の練習会をしている。 時々、自分もゲスト参加。 とは言っても、学生のほうがよほどしっかりしたことを言うので、 ボソッとたまにコメントを言うぐらい。 逆に、こっちが色々と勉強に…

はい、卒論発表会

さて、予告していた卒論発表会の日。 昨年はタイトルからして難しそうだから、 という理由で、聴衆が殆ど0だった。 この寂しさは如何ともし難い。 で、今年はタイトルだけでも楽しそうにしたいと、 頑張ってつけたのだけど、 何ということか、今年はプログ…

いよいよ、やって参りました、卒論発表会

ぼやいてる場合ではなくて、 2月11日(建国記念日)は、卒論発表会。 この大学院入試があったため、 例年より遅くに発表会が設定された。 で、うちは今年度は例年にも増して 手広く色々な分野の卒論が出来上がった。 発表順でタイトルだけ並べると、 ロー…

対話と結果

さて、例年この時期は卒論指導で頭を悩ます。 とは言え、3期目の今年は面白い。 「最適化数学」をkeywordに学生たちに色々やってもらっている。 いや、実際はORはじめ、 最適化数学の様々な手法など自分で勉強したこともなく、 一緒に勉強していると言う…

教採一次お疲れ飲み会

連日、大学に何しに来ているのかとふと思うのだが... よくこのタイミングで飲み会をするものだとは思いつつ、 今回は研究室でゼミ生とたこ焼パーティーの後、でんでらにて飲み会。 たこ焼は、例の、学生からいただいたプレートが初仕事。 下宿生が下ごしらえ…

ゼミ説明会+会食会

以前から計画していたゼミ説明会+会食会。 いよいよ、具体的な配属へ向けて動き始める。 今回、おそらく初めて「成績順」というルールが厳密に働く方法、 すなわち 「成績順に一列に並べて順次希望を聞いていく方法」 を行ってみることにした。 実際、本当…

実習頑張ろう飲み会

実習直前のゼミ。 おそらくその後は教採で余裕がないだろうから、 ゼミ飲みしようということで、いつもの「でんでら龍ば」の予定。 で、3限ゼミを終えてひと休憩入れてもう一限ゼミのつもりが、 戻ってみると、クラッカーが弾けて、 ゼミ室にてサプライズバ…

卒論発表会当日

事前に渡されていた他のゼミ発表の予習を朝早めに起きてする。 さて、うちのゼミはいかに...1年後に忘れてしまわないように、 今回のゼミの進め方、内容の検討、発表の仕方についての 反省点をまとめておこう。 身の丈にあった仕事をさせる。 正直、背伸び…

卒業論文発表会要旨

明日は発表会。 2代目ゼミ生は「フーリエ級数・フーリエ変換」をテーマに 基礎から応用まで色々やってもらった。 ただ、実際に学生らが持っている数学道具で計算できる例は 思ったより乏しく、ネタ作りにはホントに苦労した。 それでも何とか卒論も提出し、…

フーリエでモアレ

フーリエ級数と周期性ノイズについてまとめている学生のネタ。 2次元のうなりとしてのモアレを わざわざフーリエ変換したデータを傷つけることによって モアレを擬似的に起こすシミュレーションをした。 以下がそのプログラム。 やっつけで作っているので、…

超解像シミュレーション

痛すぎる卒論指導も終盤。 ひょんなことから一人のゼミ生には 超解像の原理についてまとめてもらっている。 原理は関数解析的な話になるがそれはさておき、 実際にそれができるものなのか試したくなった。 10進BASICで簡単なシミュレーションをやってみたの…

2次元FFTで画像のフーリエ変換

引き続き、卒論用のプログラムシリーズ。 今回は、画像のフーリエ変換を表示する10進BASICプログラム。 たとえば円環領域のフーリエ変換は といった感じに出力。 10進BASICプログラム→[FFT2D.bas] REM [FFT2D.bas] REM 2D FFT/IFFT REM FFT/IFFTは外部関数と…

BMPからCSVへ

今年度卒業のゼミ生、卒論ではFourier変換の利用をテーマに進めている。 とりかかりが遅かったため、かなりピンチな状況だ。 何人かがデジタル画像処理をテーマにしていることもあって、 画像処理をブラックボックス化してしまわないで 教育的に目に見える形…

卒論が痛い

高大連携やら人事やら、お仕事が集中してます。 しかし何より今年は卒論のネタ入りが遅すぎた。 来年は是非とも9月からネタにとりかかろっ!

ゼミ紹介

今年は例年よりやや遅く3年生向けの各研究室ゼミ紹介。 こういうときに限ってなぜか朝から腹痛。 さて自分の番、今年も言いたいことが言えず、 余計なことばかりは例年通り。 口頭では真意は伝えられなかったから、 文面でまとめとこう、 ゼミの場で何をし…

 卒論発表会

初めてのゼミ生の卒論審査。 朝7:30に集まり最後の発表リハーサル。 ま、なるようになるとは思うが、 果たして研究内容にどんな反応があるのか楽しみでもあった。 今年はゼミ生の内容を3種に分けた。 種々の条件化で変分法を使って最速降下線を求める話 非協…

 ゼミ分けの為の内容紹介

3年生を集めてゼミ希望の為の学生向けプレゼンテーション。 スライドやパワーポイントを使った宣伝はなく、 口頭で「こんなことやってます」といった紹介。 で、口下手なくせに余計なことばかり言ってしまう自分。 さて、2年目はどんなゼミ生が来るのだろ…